BAFTA scenes

●三連休の

最後の月曜日。

寒かったなあ。

朝のうちはちらほらと、が舞っていました。

ほええ。

だが、敢然と、わたしたちは行く。

威風堂々、映画館に行く(笑)。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

ずんずん進む。

怯まない。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

ぼへる。

はい、そうです。

雨にも、にも、冷たい風にも負けず。

らりほー。

ボヘミアン・ラプソディ』、さて何度目なのか。

12回は超えてますが、もはやわからない。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



あ。

ちなみに、完売でした。

わたしたちの見た回も、その次の回も。

公開から14週目です。

さすがに、ちょっとスクリーンが減ってきたみたい。

でも、それが逆に 「完売」 を煽ってるように見えます。







●さて、

その 『ボヘミアン・ラプソディ』 ですが。

予想どおり・・・というべきなのかな。

BAFTA(英国アカデミー賞)で、ラミ・マレックが主演男優賞。

もうひとつ、音響賞もとりました。

(〃∇〃)

クイーンの本国。

フレディ・マーキュリーの・・・2つ目の祖国。

もうちょっと、あってもいいかなとも思うけど、わがままですね。

他にもいい映画はあったしね。



まあ、ねー。

ラミの快進撃はうれしい。

それがキャスト全員のものだ、とも思う。

でも、いろいろ雑音がありすぎて、素直にはよろこべない。

でも、喜ばしいのは事実です。

作品賞は、もはや無理なんだろう。

作品の出来ではなく、それ以外の理由で、ダメになるのは悔しい。

ラミがすごいのは、もちろんなんですけど。

それ以外のキャストの素晴らしさを表彰するためにも、本当は作品賞がほしい。

残念です。

(^~^;)

たぶん、オスカーもこんな感じなんだろうな。

うぐ。





























ボヘミアン・ラプソディ』と、らみ。

どこぞの映画賞にノミネートされても、なかなか受賞までいかなかった。

そんな日々が続いた。

それが、ゴールデングローブ賞でガラリと風向きが変わった。

あれを契機に、賞が来るようになった。

不思議というか、皮肉というか。

おもしろいよね。

ゴールデングローブ賞というのは、ハリウッドに駐在する 外国人映画記者 の投票で決まります。

つまりアメリカの賞でありながら、アメリカ人ではない人たちが決めている。

そこが最初に、 ぼへ を評価した。

メジャーな賞をあげてもいい映画でしょ、って。

最初に認めた。

クイーンが、最初に爆発的に売れたのがどういうわけか日本だった、という。

例の話とちょっとかさなります。

(*´∀`*)

さて。

あと10日ほどで、オスカーです。

どうなるでしょうね。







●では、

またね。。。


【12/02/2019 01:20】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。