普段なら、オスカーなんてホントどうでもいいんですけど(笑)

●気づいたら

2月も後半戦です。

早いよねー。

花粉は飛ぶし。

(ρ_;)。。。

プロ野球のオープン戦は始まるし。

寒くて雪が(ちらほら)降ったり、いきなりぬくかったりめんどくさいし。

ラグビー観戦もしたいし。

そろそろ暑い夏が来るのか、と思うと絶望的な気分にもなる。

そんな2月半ば。



梅を撮りに行きたいなあ。

そろそろ、そういう季節です。







●ぼへ

ボヘミアン・ラプソディ』は、公開から14週目。

4か月目、ですよ。

動員数が、おそろしいことに累計826万人。

興行収入が115億円になるところ、らしいです。

※2018年に日本で公開された映画で、100億円を超えたのは ぼへ だけ。

(しかも最速らしい。まして11月という終盤の公開で、これ。)

※124億円を超えれば、日本では「美女と野獣」を抜いて音楽映画で史上、つまり歴代トップになるらしい。

バケモノの快進撃は続く。



ミュージカル映画なのか? といわれるとちょっと悩む(笑)。

いや、たしかに、不世出の歌手の物語だけど。

もちろん最初から最後まで、ずっとクイーンの楽曲が流れるわけだけど。

ライヴ・エイドの臨場感が、この映画のヒットの理由(のひとつ)だけど。

ミュージカル映画、という言葉のせいか。

音楽映画

うん、まあそうだ。

ロック映画、まあそうだよね。

でも、ジャンル分けしなくてもいいんじゃない?

ふつうに映画として、いいんだと思うけどなー。

(ただし応援上映が異様に多いのは、やっぱり音楽映画ならでは、だろうけど。)

♪♪(((*^^)八(^^ )))♪♪



その、『ボヘミアン・ラプソディ』。

スクリーン数が減った・・・ように思うけど、あらら。

先週末の時点で、368スクリーン。

映画コムの情報によれば、このスクリーン数は日本でいちばん多い。

※2番館の上映は含まれていません。

減ってないじゃん(笑)。

(*´∀`*)

同じ数で並んでいるのが、「メリー・ポピンズ リターンズ」(公開2週目)です。

ディズニーの大作やね。

話題の「マスカレード・ホテル」が、332スクリーン。

同じく、話題の顔芸ドラマ「七つの会議」が、328スクリーン。

※どっちも評判はいい。わたしは原作どっちもわりと好き。

「アクアマン」とか、「十二人の死にたい子供たち」、「雪の華」あたりも300スクリーン超え。

そのほとんどが公開1週目か、2週目。



つか、あれですよ。

興行成績ベストテンに入ってる映画のうち、公開から3週間までの映画が8本。

マスカレードが4週目。

ボヘミアン・ラプソディ』が、さきに書いたとおり、14週目。

↑ここ↑ だけ、数字がおかしい(笑)。

映画の興行の世界では、俗に、

「公開から2週間で、興行収入の8割を稼ぐ」

っていわれてるんですって。

映画館のほうも、どんどん新しい映画を上映したがる。

そのほうが、ひとが来るから。

それなのに、いまだに都内の主要映画館は、一日中 ぼへ をやってる。

しかも、IMAXとかドルビー(といった特殊な設備のあるスクリーン)での上映がいっぱい。

それで儲かってる、ということでしょう。

ヽ(*´∀`*)ノ



今 ぼへ は8位ですが、予言しよう(笑)。

上にあげた映画たちは、おおむね来週、再来週には落ちていく。

現時点で、ず~っとベスト10にとどまっているのは、ぼへ だけだ(笑)。

次の週末に、アカデミー賞の発表があります。

少なくともそこまでは、ぼへ は続くと思われる。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



それから、興味深い・・・というべきか。

映画評論家の最近のコメントや記事が、ちょっとおもしろい。

風向きが、ほんのわずかですが、変わってる気がするのよね。



当初の 「賞レースに絡むような映画ではない」 というぶった切り。

はいゴミ、みたいな評価だったものねー。

平凡だとか、ゲイゲイしさが足りないとか、美化しすぎとか。

時系列を都合よく変えてるとか、まあいろいろ。

(^~^;)

それがフタを開けてみたらファンが熱くて、熱くて、大ヒット作になった。

日本だけじゃなくって、世界中で「現象」になってしまった。

その熱いリアクションに、評論家たちがうろたえ始めた(笑)。

|||(-_-;)||||||

映画をゲイジュツ、文化ととらえる向きもある、たしかに。

だけど映画は、巨額のお金が動くビジネスでもある。

アメリカの基幹産業のひとつでもある。

ボックスオフィスでの成功は、そらもう大正義、なわけです。

「タイタニック」とかも、そうでしたよね。

そして賞レースのシーズンが始まって、最初は ぼへ は華麗にスルーされていた。

ゲイジュツとしてとくに評価するような映画じゃないでしょ、って。

ノミネートはされるものの、いつも落選。

「・・・ですよねー」 

みたいなムードが、たぶん漂っていたんだと思います。



それが、前にも書いたとおり、ゴールデングローブ賞で変わった。

逆転大勝利。

「ん?」

なんせ、いちばん権威のあるドラマ部門で、作品賞をとったからね。

その後も、ハリウッド的に重要な賞を次々ととった。

その重要なドライバーだったのが、ラミの演技なのはいうまでもない。

いや、演技だけじゃないね。

彼の立派な態度は、かなり重要だったと思う。

彼は徹底して共演者を、スタッフを、クイーンを、そしてフレディを称賛した。

映画業界での立ち回りが、頭のいい彼らしく、非常にうまかったのだと思います。

※皮肉ではないよ。



そんなこんなで評価も上がったけど、中傷も増えたよなあ。

賞のシリアスなコンテンダーだとみなされるようになって、攻撃もひどくなった。

監督のスキャンダル。

性的なものだし、まして相手が未成年だという。

これ自体は(ホントなら)ひどい話ですが、タイミングが悪い。

ボヘミアン・ラプソディ』の評価を貶めるための嫌がらせ、つまりネガティブ・キャンペーン。

(大統領選かよ?)

そう、とらえる向きもあるようです。

映画の撮影の途中で監督がクビになり、交代するというスキャンダルもあった。

真相は謎ですが、ハリウッドって結構、組合がつよい力をもってる世界みたいね。

俳優の組合、監督の組合。

そういう団体が影響力を持ってるので、途中解雇とかって、非常にダメージが大きいらしい。

あってはならないことがあった、みたいな。

監督不在の、あるいは途中で変わったような映画が、すぐれてるって実際アリなの?

映画監督のお仕事って何なの?

・・・みたいな疑問を生んだ、ようです。

あるいは、監督がまあ仮に鬼畜だったとして、そのひとの生んだ作品は排除されるべきなわけ?

ゲイジュツカと、その人間がつくった作品は同一視されるべきなの?

それとも、別物なの?

みたいな議論もありますね。

作品をほめるってことは、それをつくった人間をほめることになっちゃうんじゃない?

って・・・ね。



そしてLGBTの権利団体もアメリカにはいろいろあって、日本よりもはるかに声が大きい。

こじらせてる感もある。

フレディの二重のマイノリティ性が、はっきりと赤裸々に描かれていないとか。

適当にあしらわれている、とか。

まるでゲイ=恥ずかしいことであるかのように隠す(という描写)が、気に入らないとか。

文句をいうひとが、いるんだよねえ。

(((((((;´д`)))))))

フレディは実際、その点に関しては決して認めていない。

どれほどバレバレだろうと、黙していた。

わたしたちの感覚でいうと、そんなの完全にプライベートだし、個人の自由だ。

カミングアウトする義務なんてない。

「ヘテロのふりとか、許せない!」

そう憤慨する方もいるけど、でもさー。

フレディは実際ほんとうに、最初メアリーとラブラブだったし。

生涯にわたって、彼女と特別な関係にあったのは本当のことだ。

ヘテロのふり、じゃないよ。

「有名人こそカミングアウトして、ゲイ・ライツのために戦え!」

なんていわれるのが嫌だったのかもしれない、よね。

本人はともかく、家族や周囲の人間のことを考えたら、賢明ではないと思ったかもしれない。

そういうのが気に入らない人も、フレディを非難する。

映画が物足りない、という。

あほか。

政治的な主張を訴える映画じゃないでしょ(笑)。



あら。

なんかグダグダになってしまった。

すみません。

_(_"_;)_

要するに、賞レースの中で ぼへ の立ち位置がどんどん変わってきた。

「ありえない」 から 「有力候補」 へ。

排除から、その価値観の見直しへ。

めんどくさいバックラッシュを生み、さまざまな議論に火をつけた。

この映画を政治的に利用しようとする、というか、政治的にしか映画を見れないひと。

こんなにいるのか、とうんざりするよね。

そして、オスカーに投票する人たちには、もちろんファンからのプレッシャーがある。

こんだけ興行成績のいい映画を、スルーしていいのか?

これだけ大勢のファンに愛されてる映画には、何かがある。

監督のスキャンダルが、それをスポイルしていいのか。

それを、どう評価するのか。

んね。







●では、

またね。。。


【17/02/2019 05:37】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。