ありったけの感謝をこめて・・・ ドナルド・キーン先生

●思い起こせば

中学生・・・いや、高校生だったか。

覚えてないけど、まだ制服を着ていたころじゃないかな。

はじめて、ドナルド・キーン先生の著作に触れました。

日本の文学に関する評論だったと思います。

父にもらったんじゃなかったかな。

衝撃だったなあ。

そのころのわたしの感覚では、外国のエライ教授が、日本文学に心酔してるのにびっくり。

詳しいのにびっくり。

研究者なんだから、当然なんですけどね(笑)。

でも本当に、びっくりした。

その本じたいは、たぶん、わたしは理解できてなかった(笑)。

子供すぎて、知識が足らなすぎて。

ただひたすら、その本が実在する事実に、圧倒されました。



キーン先生。

一度もお会いしたことはないけど、お慕いしてました。

尊敬してました。

してます、ですね。

現在形で。

わたしが中学生で、源氏物語に触れて、こよなく愛したように。

キーン先生もまた、源氏物語を愛した。

ええ、はい。

もちろん、同列に語ろうとするほうが無茶です。

知ってます。

彼の造詣に、わたしは永遠にかなわない。

同レベルで語るのもおこがましい。

でも、でも。

同じ作品に惹かれたのは事実、ですよ。

ふふ。

それだけで、わたしは勝手に、同志だと思っていた。

その知性に、あこがれていました。

ずっと。



そのキーン先生が、亡くなりました。

ドナルド・キーンさん死去 96歳

日本人として、この世を去った。

安らかな往生であったことを祈ります。

先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

感謝します。

涙が出ちゃうよ。。。




【25/02/2019 01:34】 書籍・マンガ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。