花冷えのまま

●いやん

(((((((;´д`)))))))

寒いですねー。

ホントさむい。

は・・・どうでしょう。

都内では、場所にもよるけど、満開ちょっと手前で足踏み。

そんなふうに見えます。

花の見ごろを冷凍保存。

と、そう考えれば、ちょっとポジティブな感じ?

(^~^;)



仙台の球場では、雪が降ったと聞きました。

ひええ。

楽天と日本ハム。

東北のチームと、北海道のチーム。

「どっちも北のチームで、寒さに強いからいいんじゃない?」

・・・なわけ、あるか(笑)。

東北以北の出身選手が、チームにどれだけいるんだ。

つか、仮に北国の生まれでも、寒さに強いとは限らないよね。

|||(-_-;)||||||







●町の本屋さんには

「万葉集」 特需が来たそうです。

(--;)

なんじゃそりゃ。

「令和」 をきっかけに、万葉集に興味を持ったひとがいっぱい。

みーはー?

そうかもね。

でもそれは、いいみーはーだと思うの(笑)。

手に取ってみようかな、と思ってくれるなんて、めちゃくちゃ素敵。

素晴らしい。

万葉集はねー。

日本が、世界に誇っていいスゴイ本だと思う。

単に古いから、だけじゃない。

王侯貴族だけじゃなくて、庶民のさ?

ふつうの庶民の生活をうたった歌がいっぱい。

名もないふつうの人たち。

7世紀とか、8世紀とかの大昔に暮らしていた、ふつうの人たちの肉声が残されている。

中央ではない、地方のひとたちもいる。

世界にもほとんど例のない奇跡のような歌集だと思います。

(*´∀`*)

うは。

だけど、そのせいで 「日本の右傾化」 とか、また言われてるらしい。

総理大臣の談話のせいかも?

いい悪いは知らない。

でも、元号を日本の古典からとるのはさ、時代だと思うんだ。

伝統的に、いつも漢籍が原典だったけど、

「日本にもいい古典はあるし、そこから選んでもよくない?」

先例主義を凌駕する、イマドキの考え方ですよね。

それでいいんじゃない???

んね。

ヾ(´▽`;)ゝ

結婚式に、何百万円もかけるのはもったいない、という人たちが増えた。

職場の同僚をどこまで招待するか、なんて問題もめっきり減った。

お葬式は身内だけで、ひっそりと。

お墓ですら、今は固執せずに、墓じまいや散骨がありになってる。

年賀状を出すひとは減りつづける。

寂しいといえば、さびしい。

でもそうやって、伝統はうつろっていく。

ある意味で合理的であり、ある意味で、伝統の否定でもある。

否定というか、軽視かな。

そうやっていろいろ絶えてゆく・・・もの、かもねえ。



ん?

脱線しました(汗)。

では、またね。。。


【02/04/2019 23:33】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。