真髄

●お便りを

たくさん、ありがとうございます。

みなさまのお気遣いに感謝します。

白湯はいいっていいますよね。

最近、めんどくさくて飲んでません。

きゅっと冷たいものばかり。

真冬でも、そうだ。

反省しないと。



免疫力。

下がっているのを痛感します、毎年。

ぐったりしたら、ほんと動けないものね。

(((((((;´д`)))))))







●そういえば

無私の日本人」 を読みまして、というか、読み直しました。

磯田道史センセ (歴史家) のベストセラーですね。

いつかブログに書いた 「殿、利息でござる!」 という映画の原作。

・・・になった話が、おさめられています。

時代小説風ですが、史実です。

ほかに、もうちょっと短いお話が2本。

これがねえ。

全部、めちゃくちゃいい。

本当にいい。



読みはじめたときは、文体もおぼつかなくて、たまに

「いらいらする・・・でも、このひと小説家じゃなくて、歴史家だし・・・」

なんて思ってた。

我慢して読んでるつもり、でした。

だが、しかし。

どんどん引き込まれていって、引きずられて行って、完全に持って行かれます。

なにを?

心を、ですね。

淡々と、訥々と、世の中の大半が知らない江戸時代の民間人について。

描写してるのですが、筆の力はすごい。

そのうち、心を奪われます。

魂を奪われる、みたいな感覚にちかい。

わたしはとくに、中根東里先生にやられました。

滂沱の涙です。



・・・小説家じゃないし?

とんでもない、傲慢な発想でした。

申し訳ない。

文筆がひとを動かすのに、理屈も専門性もありません。

そこに、語りたいものがある。

それをどうしても語りたい、伝えたい、という筆者の情熱がある。

その情熱が本になって、読者を夢中にさせるのだと思います。

並々ならぬ情熱。

ただ、書き手があんまり前のめりに熱くなっても、他者には伝わらないよね。

だからこそ、あの文体なんだなあ。

すごいや。



仙台藩の貧しい宿場町を救おうと奔走する庶民。

下田から京都宇治、江戸から加賀、浦賀、鎌倉から佐野。

流転の人生を歩んだ孤高の儒学者。

そして、幕末の京都に生きた尼さん。

よほどの歴史ファンでも知らないような人たち。

でも、読むとやめられません。

やめられない、とまらない。

歴史の知識、ぜんぜん要らない。

それでも、心から読んでよかった、と思えるんじゃないかと思います。







●では、

またね。。。


【09/04/2019 23:01】 書籍・マンガ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。