きのう何食べた?(ドラマ) 3回目

●うにょ?

この話題って、BLのカテゴリーでいいのかしら(笑)。

よくわからん。

(^~^;)

はい。

テレビ東京の深夜ドラマ 「きのう何食べた?」 を見ました。

3回目。



正直にいうと、おもしろい。

うひゃひゃ。

週末の娯楽として、素晴らしいと思う。



小日向さん。

・・・を演じてる、例の俳優さん。

ファンのひとには申し訳ないけど、とにかく苦手なのである。

なぜ苦手なのか、説明するのはむずかしい。

|||(-_-;)||||||

ねばっと、ぬるっとしてる。

―――そんな感じなのだ。

まあ、それはいい。

最初に配役を聞いたときは、イメージちがうなあ、と思った。

俳優の好き嫌いじゃなくて、あくまで、原作とのイメージの差ね。

もうちょっとラガーマンみたいな、でっかいごっついタイプで想像してたから。

でも、あー。

ドラマを見て、なるほどと思いました。

小日向さんののろけを、シロさんが脳内で映像化したシーンだと思うけど。

あの軽妙な、滑稽な感じ。

傑作でした。

なるほど、こういう風なのかあ。

うまい。

(*´∀`*)



そっくり賞は、先週もいったかもしれないけど、佳代子さんの旦那さん。

なんだあれは。

マンガの中から飛び出してきたみたいだ(笑)。

シロさんのご両親も、なかなか似てる。

うふふ。

そして何より、内野ケンジ。

慣れてきたのか、なんか、いいよね。

乙女モードにも違和感がない。

(´艸`*)

おもしろいね。







●ついでに

Amazonで見たやつ。

「たそがれ清兵衛」

思ったよりもよかった。

と書くのは、失礼かもしれない。

名作だっていわれてるものね。

真田広之も、宮沢りえも、子役たちも、みんなよかった。

本当によかった。

ただわたしは藤沢周平も、山田洋次監督も苦手なのである(汗)。

巨匠だけど。

好きになれないもんはしょうがない。

監督も原作者も好きじゃないのに、よく見る気になったよなー。

(^~^;)

が、映画自体はよかったです。



「推定有罪」

WOWOWのドラマ、全5話。

冤罪をテーマにした、シリアスなサスペンスです。

犯罪の被害者の家族が味わう塗炭の苦しみ。

加害者の家族が味わうつらい生き地獄。

そして、その「加害者」(と警察も裁判所もマスコミも断じたひと)が、じつは冤罪の被害者であったとき。

やりきれないほどの不幸が、何重にも積み重なる。

・・・というお話です。

重たい、でもとてもいいドラマでした。

おもしろいのは、冤罪のきっかけをつくった雑誌記事を書いたジャーナリスト。

無実の罪を自白させ、検察にその男を送り込んた警察官。

彼らは冤罪の加害者だけど、彼らはじじつ本当に、その当時、その男が犯人だと信じていた。

正しいと思ってやった仕事が、のちのDNA鑑定でひっくり返される。

彼らもまた衝撃を受け、良心の呵責に苦しむ。

―――この観点は、新鮮でした。

悪徳警官が、無実とわかってる人間を陥れた・・・のではない、という点ね。

(--;)

よくできたドラマだと思いました。







●では、

またね。。。

【21/04/2019 18:20】 BL | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。