思い出すと (´艸`*)

●昨夜

あん? おととい?

とにかく、夜10時すぎ。

仕事のかえり、電車に乗りました。

そりゃ乗るよね。

そとは、雨が降ってた。

なんかどっかの人身事故だか車両故障だかで、遅れてた電車。

ま、それもよくある話だ。

日常茶飯事。



よっこらしょ。

地下の駅なので、蒸し暑い。

すんごく。

いつもの車両に乗ったら、ベビーカーがあった。

幼児がいた。

ちょ、22時だよん。

さすがに、遅いんじゃないかねえ。

・・・思わないでもないけど、まあ、あれだよね。

なんか事情があるかもしれないし。

そこは深く考えない。



男の子でした。

1歳半ぐらいかなあ。

わめいてました。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

足をバタバタ。

暑いし、ねむいし、混んだ通勤列車の中だ。

つかれた、よれたおっさん(とおばさん)がいっぱい。

ちっちゃい子には、楽しくなかろう。

ガン泣きではなくって、機嫌が悪くって、ぐずってわめいてる感じね。

でかい声で。

近くのサラリーマンが、うざそうに振り返る。

いや。

そんなに険悪な雰囲気じゃないけどね。

でも正直、なごやかではない。

だってその時間だと、あんまり見ないよね。

幼児って。



お母さんは外国人っぽい。

なんとか子供を鎮めようとして、うまくいかなくてあせってる。

ふと、男の子が、ちいさな手を伸ばした。

じゃんけんぽんの、パア!のかたち。

おお。

ばぶー。

たまたま、目の前にいたわたしの方向に。

(*´∇`*)

おもしろいので、チョキを返した。

バルタン星人か。

ほい!

勝ったぜ。

(´艸`*)

※じゃんけんの勝ち負けがわかる年齢の幼児ではない。

※つか、完全に後出し。



それが、なんかツボったんでしょうね。

その子どもは笑った。

うき。

(〃∇〃)

うきゃー。

なので、今度はでっかい ぱあ を出した。

それから、ぐー。

ぐっぱー、ぐっぱー。

・・・特に意味はない。

老人のボケ予防体操みたいな。

そしたら男の子は、よろこんで真似をし始めた。

ちっちゃなお手々で、ぐっぱー。

真剣な表情で。

かあいい。

*:.。☆..。.(´∀`人)



って、そういうわけで。

黙って、ひとこともしゃべらず、じゃんけんみたいな手あそび。

次の駅までのほんの3分。

ぐう、ぱあ。

ときどき、ちょき。

うきゃ。

うき。

たのしかったねー。

(*´∀`*)



はたから見たら、わめく子供を黙らせたおばさん。

つか、ぐずる幼児とあそんであげたエライおばちゃん。

・・・かもしれない。

お母さんには、えらく頭を下げられた。

うんにゃ。

ちがいますの。

ヾ(´▽`;)ゝ

そんなに偉い人間ではありません。

実態は、単にあそんでもらっただけです(笑)。

たのしかったのは、こっち。

子供ってホント、予測のつかない生き物ですよね。

まちがってもわたしは、子供をあやす達人ではない。

反応してくれたのは、たまたまだ。

でも、そこがかわいい。

うんとかわいい。



疲れて、暑くって、仕事にうんざりしてさー。

不機嫌だったわたしを、いっぺんで☆彡 幸せにしてくれた。

ちいさな男の子。

天使じゃなかろうか。

ささくれた心に洋二の・・・じゃなくて、幼児の笑顔。

うひゃ。

すごい。

癒されるって、こういうことか。

3分間、ありがとうね。

(*´∀`*)

※次の駅でわたしは降りて、その駅始発の電車に乗り換えました。







●いい思いを

させてもらいました。

では、またね。。。


【25/04/2019 23:16】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。