きのう何食べた? (ドラマ) 6回目、7回目

●なんだか

前回の話を書こう、書こうと思ってたら、あら。

あっという間に、次の回になってしまった。

一週間は早い。

ホントに早いですね。

(^~^;)



記事検索するとわかりますが、本当に人気みたいですね。

このドラマについて書かれている記事の多いこと、多いこと。

連ドラについて書くのがあたりまえではない媒体でも、わりと見かけます。

話題だねえ。

うれしいねえ。



西島さんにしろ、内野さんにしろ、山本さんにしろ。

それぞれが個で、大河ドラマや映画の主役を張ってもおかしくない役者たち。

それがまあ、なんというか。

ほのぼのと楽しそうに、いきいきとゲイを演じてる。

それも、ゲイだからどうのって関係ない、ふつうの日常生活。

コミカルな場面もあるけど、やりすぎない。

特におねえっぽいとか、そういうイカニモさもない。

じつにさりげなくて、自然だ。



世間では、内野ケンジの化けっぷりが評判のようです。

そりゃそうだ。

男くさい、小むずかしい役が多い人なのに、ケンジは新境地。

ひらひらと乙女で、だけどアホではなくって。

あくまで、シロさん大好きで。

何よりやさしい。

芯のある優しさね。

たまに微妙に・・・ほら?

キモイの一歩手前で踏みとどまっているような側面もある。

おっさんだし。

でも危うさがあっても、やりすぎたカリカチュアにはなってない。

うまいなあ、と思います。



ほんで、西島さんだよ。

イケメン俳優って、ある意味かわいそうですよね。

イケメンであることしか求められてなくって、演技のうまさや幅は二の次。

クールといえば聞こえはいいけど、ほら。

いつも同じ顔。

仏頂面ばっかり期待される。

・・・そういう使われかたをされてるときがある、と思うの。

その点、シロさんはいい。

すんごくいい。

西島さんの魅力が、たっぷり見られる奇跡のキャスティング。

(´∀`σ)σ

前回の、女性の司法修習生とのアレコレは、大笑いしました。

12年の連載の中で、たぶんシロさんがいっちばん恥ずかしい、みっともない思いをした回。

どんなにイケメンでもおっさんなんだなあ、と。

いや、そういう演技なんでしょうけど。

そう思わせてくれて、実に楽しかった。

おそらくこれまで、ああいうイタイおじさんの役は、したことなかったんじゃないかしら。

ふは。



そして今回も、シロさんよかったねえ。

熱で寝込んでいるシロさんを演じる西島さん。

わたし的には、最高の萌え回でした(笑)。

かわいい。

おかしい。

愛おしい。

―――んね?

この俳優に、こんな感情を持つとは思わなかった。

(〃∇〃)

こんなに表情豊かで、うまい役者だったのね。

ついでにかわゆい。

イケメン縛りから抜け出して、もっともっと変化球の役をやってほしい。

(*´∀`*)

「おれに一目ぼれだったのか・・・」 ( ̄ー ̄)ニヤリ

で見せる変な笑顔に、爆笑しました。

うひひ。

西島さんモノローグにはまりそうだ。



全然関係ないけど、ほら。

「空母いぶき」 とかいう映画があるでしょ?

佐藤浩市さんのインタビューをめぐって、ちょっと話題になったあれ。

少年マンガに興味はないし、この映画に関心もさしてない。

でも、西島さんが艦長なんですよね。

(『ボヘミアン・ラプソディ』の前の予告編でちらっと見た。)

佐々木蔵之介が副艦長で。

どちらも好きな役者なので、ちょっぴり気にはなってます。

シロさんを見てから、自衛官の西島さんを見たらギャップがすごそう。

うは。



ジルベール。

わたしは原作のキャラとしてのジルベールがあんまり好きじゃない。

最初はよかったんだけど、だんだんイライラしてきてね。

が、それは置いておこう。

ドラマのジルベールはまさに傑作でした。

マンガから抜け出して来た、というしかない存在感。

かわいいところも、とげのあるところも、まんまでしたね(笑)。

素晴らしい。



そういうわけで、さて。

毎週末のお楽しみなのは、まちがいない。

永遠に終わらないでほしいレベル。

シロさんとケンジくんのホームドラマ。

お互いが、お互いを思いやっているやさしい世界。

だから、受けるんでしょうね。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・







●では、

またね。。。


【18/05/2019 13:59】 BL | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。