雨とイケメン

●月曜日は



・・・は、降らなかったようだ。

よくわからない。

ほぼ半日、寝くたれてましたので。

(*/∇\*)

涼しかった。

つうことは、まあ、晴れてはいなかったんでしょう。



午後から、気を取り直して外出。

といっても、行きつけの美容室だけど。

「今日は僕です~」

かる~い感じで、店長がすっ飛んで来た。

ケンジくんを、イケメンにしたような感じの人だ。

※原作のほう。髪を切る前の。



予約するとき、とくに指名はしません。

ので、たいていは若い修業中の人にあたる(笑)。

それは、いいの。

どうせ大したことは頼まないので、練習台になれば結構。

あんまり上手じゃなくても、一生懸命じゃない?

そこがかわいい。

若い子はおもしろいしね。

(´艸`*)

以前・・・何年か前だったけど、ひどい目に遭ったけどさ(笑)。

「ぐえ~」事件。

(。・_・`。)

あそこには、もう行ってない。

ふはは。

そんなわけですが、数か月に一度くらいは店長が担当する。

これは何らかの配慮、かもしれない。



「ねえねえ、そういえば・・・」

ほかのお客さんに聞こえないように、小さな声で。

店長が、ひそひそ話を始める。

「ぼ・・・」

「ぼ?」

「『ボヘミアン・ラプソディ』を、25回とか、見たんですって?」

なんつうか、ものすごく秘密な感じ(笑)。

伏せておかなくてはいけない、禁断の事実みたいな感じ(笑)。

なんだよもう。

これに関しては、説明が要りますね。

先月の担当だった若いお兄ちゃんに、同じくひそひそと、

「『ボヘミアン・ラプソディ』を、10回ぐらい、見たってホントですか?」

店長から聞きました、って。

ヾ(´▽`;)ゝ

個人情報ダダ洩れ?(笑)

あはは、まあ、美容室チャットだからねえ。

わたしのぼへネタは、たぶんカルテに記入されてるんでしょう(笑)。

(*´∀`*)

だから、こう答えた。

「それは今年はじめのどこかの時点の話だよ(笑)。情報が古い(笑)」

「え、じゃあ今は何回ぐらい?」

―――という、前振りがあっての今日でした。

あはは。



「おかしいでしょ、こんなに何度も見るなんて」

という言葉に、素直にうなずく店長。

「そうですねー」

おいおい、そこは否定するところじゃないの?(笑)

接客業的には(笑)。

「僕、こないだ実写のアラジン見たんですよー」

「おお、あの青いウィル・スミスの」

「そうそう、青いウィル・スミスの(笑)」

・・・店長。

オウム返しって。

もしかすると、おしゃべりはあまり得意ではないのかも・・・(汗)。

要するに、とてもいい映画だったと。

終わったときに、もう一度ぐらい見てもいいなあ、と思ったと。

「で、ああ、(わたしが何度も見るのは)こういう感覚なのかもなあ、と思いました!」

要は、それがいいたかったようだ。

リピーター心理の理解。

(と、本人はそう思っている。)

裏を返せば、前までは、わたしが同じ映画を何度も見る感覚がわからん、と思ってた。

・・・そういうことだわね。

(。・_・`。)

地味に失礼なやつだ(笑)。

が、わたしに同調しようとしてくれたので、いいや(笑)。



「そうねー」

ライヴを何度も、なんども(追)体験しに行くような感覚なのよ、と。

現実には、フレディはもういないから、あのクイーンはもうない。

存在しない、というか存在しようがない。

あの、伝説のライヴ(のようなライヴ)はもう二度と見られない。

行けない、再現できない。

そういうふうに説明したら、なんとなくわかってもらったようだ。

・・・たぶん。

「あー。なるほどー。そう考えたら、1800円でライヴはお得ですよね」

何回でも行けるもんね。

ん?

うにゃ・・・?

ヾ(´▽`;)ゝ

ふはは。



まあ、いい。

店長は腕がいいし、人当たりもいいし、なにしろイケメンである。

それで、サービスとしては十分です(笑)。

(^~^;)







●中村隼人

が主演している時代劇を、実家で見ました。

大富豪同心

前から知ってはいたけど、見るチャンスがなかった(笑)。

さて、隼人だよ。

当然ですが、めちゃくちゃにかわいい。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

隼人かわええ。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

たまりません。



「中村隼人、知ってるか? 錦之助の息子だぞ」

って親にはえらそうに説明されたけど、おい~。

隼人がかわいいって、彼が18歳のころから、両親にはいってるのに(笑)。

米吉とのコンビで、次世代の歌舞伎スターだって、いってるのに。

年末年始だって、隼人の出てる番組を片っ端から 一緒に 見たのに。

高齢のせいか、さすがに記憶力があやしいようだ。

もう。

(^~^;)







以前も貼りましたけど、隼人はこれが好き(笑)。

かわいい。

ぐは。

「大谷くんと、顔の傾向が似てるよね」

といわれて、びっくり。

えー。

そう?

お坊ちゃまっぽいところ???

ヾ(´▽`;)ゝ



では、またね。。。


【15/07/2019 21:58】 歌舞伎2013~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。