6位。

●TBのお題から

「無人島に何か三つまで持っていけるなら?」

岩城さん。
岩城さん。
岩城さん。

うにゅ?

ご本人はダメ?(笑)

(^~^;)

ダメかあ。

じゃあ、タブレットPCかな。

あとは除菌ウェットティッシュと、デジカメ(笑)。

お?

なに、Wi-Fi環境がないの?

えー。

じゃあタブレットあっても意味ないね。

じゃ行かない。

あは。

(^~^;)







●部屋が

さぶいぞ、おい。

なんかいきなり、冬のようなかっこうをしてます。

うぐぐ。

フリースとか、ボアとか、そういうの。

ぬくぬくぽん。







●何度みても

うるっと来ちゃう。

(ρ_;)。。。

















ちなみに、福岡くん推しではない(笑)。

好きだけどね。

来年で代表としてのキャリアは終わりだというのが、残念。

彼のビジョンはかっこいいから、応援するけど。



南ア戦は平尾さんの命日、長男「目に焼き付ける」

大好きな平尾さん。

明日が命日なんですね。

いろいろとドラマティックすぎる。

生きていてほしかった。

日本代表の躍進を、見てほしかった。

読んでるだけで泣いちゃうような記事が多くて、なんというか、

「平尾さんが話題になってうれしいけど、でも、チームによけいなプレッシャーになったら・・・」

心配しないでもない。

が、たぶん無用な心配でしょう。

代表チームはめちゃくちゃなプレッシャーの中、堂々と試合をしてきてる。

予選プールで全勝して、1位通過。

実力で押し負けないことを、ちゃんと証明した。

世界ランキングでもどんどん順位を上げて、なんと今は6位だって。



<最新ランキング(2019年10月19日発表)>

1位 ニュージーランド
2位 イングランド
3位 ウェールズ
4位 アイルランド
5位 南アフリカ
6位 日本
7位 オーストラリア
8位 フランス
9位 スコットランド
10位 アルゼンチン



ヽ( ゜□ ゜;)ノ おぉ~!

今だけかもしれないけど、日本がオーストラリアの上にいる!?!?

わお。

ありえん。

マジ信じられない。

ちびるわ、こんなん。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。



ラグビーの 「にわか」 ファンが溢れている、という記事も読んだよ。

そりゃ、そうだ。

まったくもって、ノープロブレム(笑)。

すばらしい。

ヾ(*´∀`*)ノ

最初はみんな、にわかから始まりますもの。



ラグビーの細かいルールなんか、知らなくても問題ない。

あの楕円形のボールを奪い合い、前へ、前へと進む。

でっかい男たちが、容赦なくぶつかり合う。

その迫力。

スピード。

それがわかれば十分じゃない?

(*´∀`*)

日本開催で、日本チームが活躍してる。

ジャパン・プライドがくすぐられるんでしょう。

ニッポン!ニッポン!の大合唱に、混ざりたくなるのもわかる。

あとは、なんだろう。

応援するファンたちがいがみ合うこともなく、陽気にお祭り騒ぎしますよね。

一部のスポーツみたいに、険悪な雰囲気になりにくい。

敵も味方も、一緒に自撮りしてわいわいやっちゃう。

子どもを連れていっても、わりと安心。

そういうのに、好感があるんじゃないかな。

そして、チームプレイ。

ラグビー選手にはエゴがない。

俺が、俺が・・・というスタンドプレイはない。

個人で目立ちたがるタイプは、たぶんラグビーをやらない。

そういうの、ぐっと来るのかもね。

(//∇//)







●明日は

晴れますように。

では、またね。。。


【19/10/2019 21:33】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。