いろいろと

●書きたいことは

あるのだ。

時間があれば。





2022年(そんなに先???)のNHK大河ドラマの主役が、おお!

ましゅまろんどん勝手にイチオシの、北条義時です。

おおー。

大河の主役にふさわしい、複雑でおもしろいキャラだと思います。

大好き。

すばらしい。

実にすばらしい。

おまけに、それを演じるのが小栗旬ですって。

(*´艸`)

今年も、来年もどうでもいいけど、再来年はテレビ買おうかな?(笑)





アメリカとイラク。

危機的な状況です。

またか、と胃が痛くなる。

他人事ではありません。

アヤトラ・ホメイニ師のあの顔。

アメリカ大使館の人質事件。

そっから繋がって、イラン・イラク戦争。

やだやだ。

おそろしい情景が思い出される。

やめて。

本当に、あの世界線は二度と見たくないです。





カルロス・ゴーンの大脱走。

年末年始のマスコミの話題を、一気にさらいましたね。

映画化決定。

・・・という話も、ウソじゃないかもね。

だが、しかし。

わたしが思うことは、とりあえずふたつ。

ひとつめ。

やっちまったな。

ゴーン被告が、です。

いかに主張したいことがあったとしても、いかに日本の司法に問題があろうと。

そういう主張に、正当性がどれほどあろうと。

法律に違反して、逃げ出してしまった。

明らかに、それは犯罪なのだよ。

被疑事実(お金を着服したとか)とはまったく別の次元で、フツーに犯罪。

日本はいちおう、法治国家ですからね。

いちおう先進国だし。

まあ相当コケにされたとは思うけど、ともあれ、日本の法律を蔑ろにした。

裁判のルール、出入国管理のルールを破った。

そういう人は、二度とふつうの(世界的に有名な)経済人として、先進国に出入りできないはずだ。

(たぶんね。)

どこか大きな会社のトップの座につくことは、二度とないでしょう。

彼のいちばん大事な・・・はずの、超一流の経営者としての評価。

それ、死んだ。

もう戻ってこない。

ふたつめ。

それにしても、日本の司法は甘い。

ちょうどお正月だったとはいえ、緊急の対応もなにもなし?

きびしく責めていいのだよ。

瑕疵は瑕疵として認めて、でも犯罪は犯罪だと。

激怒して、ガッツリ対応してほしかったね。

なんか、様子見? へっぴり腰? みたいな感じがしました。

日本の政府、プライドあるんか。



などなど。

では、またね。。。



【08/01/2020 22:30】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。