ありえない二人

☆GOLD雑記は、のちほど☆




●買っちゃった(笑)

できるPhotoshop Elements 6―Windows Vista/XP対応できるPhotoshop Elements 6―Windows Vista/XP対応
(2007/11)
須和方 博

商品詳細を見る

とうとう、手を出しちゃった・・・って感じですね(笑)。

わたしには、イラストレーターをやってる10年来の親友がいるのですが(笑)。彼女がね、一緒にソフトを買いに行ってくれるというので、先走ってこの本を買いました。(彼女は、わたしのやりたいと思ってる加工のやりかたを、見せてくれるみたいですけどね。)

おたくです、ええ。。。


●ところで

これも、読みましたよ~♪

ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2007/11/07)
山田 ユギ

商品詳細を見る

表題の作品は、相変わらずよかった(笑)。

よかったのですが・・・でも今回ちょっと、なんて言うのかなあ。「これだ!」って突き抜けたような爽快感というか、山田ユギちゃんらしさというか。そういったもの、いわば「唯一無二、これぞ山田ユギ!」なパンチ・・・っていうのかな? そういったものに、やや欠ける気がしちゃいました。これは、偽らざる感想です。

ダメだとか、やだとか、楽しくなかったとか・・・そういうことじゃ、ないんですよ(笑)。上手いなあ、って思うし、絵もキレイだし、ツボもあるんですけど。でもでもでも、なんでしょうね。弱い印象・・・たぶん、「これは山田ユギじゃなくっちゃ、絶対に描けないよなあ」って確信するポイント、それが薄かったんだと思います。

意外な設定(ここではネタバレなしなので伏せますね)の意外性も、なぜだかインパクトが(いつもよりほんのちょっとだけ)弱かったのは、気のせいかなあ。。。

きっとわたし、山田ユギさん大好きなので、過大な?期待をしてるのかもしれません(苦笑)。彼女の尋常ではないレベルの高さに馴れてしまって、もっともっと、どんどん上を求めてしまうのかも・・・だとしたら、それって勝手な話ですよね(苦笑)。

でもでも!!

それを遥かに上回って、ものすごいインパクトで読者の心を鷲掴み(笑)にしちゃうのが、わたしのイチオシ、「ああ爆弾」シリーズです(笑)。これぞ、まさに山田ユギさんの真骨頂!

もう何年も前に、小説シャレードに不定期に連載されていて・・・そりゃもう、とにかく、ずっとず~っと、コミックスになるのを待っていたんですよ(笑)。欲を言えば、まだまだ続きが読みたいくらい。

なにしろ、設定が美味しすぎます(笑)。ワケアリの黒髪、美貌の青年バーテンダー(家事能力ゼロ)と、彼に惚れて惚れて惚れまくって、ひたすら猪突猛進しちゃうスポーツジムの若いインストラクター(5歳年下、ヘタレ攻め)。

・・・これで、「春抱き」変換するなってほうが無理でしょ?(笑)

これをねえ、かつてもちろん、岩城さんを知らない頃に読んで、ものすご~くストライクな設定に萌えたわけですよね(笑)。それを今回、「春抱き」に脳内侵食された頭で読み返してみて、しみじみと悟りましたとも(笑)。

まさに、三つ子の魂百まで。

こういう関係性、こういうキャラの設定・絡みが、わたしは昔から好きだったんだなあ、って(笑)。

ああ、そっか(笑)。そう考えると、どうして「ありえない二人」にイマイチ激しく反応しなかったのかも、わかるかもしれません。あっちのお話は、黒髪で根暗(系)のほうが攻めなんですよね~・・・ああ、なるほど。(と、自分ひとり勝手に納得しています。)

もひとつ>>

同時収録の「檻」は、ユギさんには非常に珍しいお話です。びっくりしました。

ミステリー仕立て、って言えないこともない。で、基本トーンがシリアス・・・なんですよね。いや、ユギさんのすごいところは、どんなギャグ炸裂コメディでも、恋する男たちのせつない思い(=シリアスな要素)を、きっちり盛り込むところなんですけど。でもこれは、ギャグ炸裂どころか、最後まで不安定でハラハラさせるの。

このお題(伏せてますが、想像はつくかも?)を扱いかねた・・・のか、あえてテリトリーを越えた場所で、らしくない「違う」ストーリーを描いてみたかったのか。なんだか、そんなことが気になってしまいました。


【29/12/2007 01:50】 書籍・マンガ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。