できることを

●なるほど

緊急事態宣言が解除されます。

うん。

4月の上旬に発令されてから、ほぼ2か月。

うん。

総合的に見て、そうだよね、とは思います。

まず異論はない。

本当に誰もが我慢したし、いろいろがんばった。

限界までがんばった病院のひとたち、保健所のひとたち、配送のひとたち。

スーパーのひとたち。

一銭も入ってこないのに耐えてたえて、休業してたひとたち。

学校に行けなかった子供たちも。

いきなりテレワークに切り替えた企業も、よく乗り切った。

たぶん。



でも、小声でいってみる。

神奈川県民(ん?)としては、ちょっとだけ複雑な気持ち。

あいにくテストには合格しなかったけど、

「あと一歩ってとこまでは頑張ったから、今回は下駄をはかせてあげよう」

っていわれたみたいな、そういう感覚。

(^~^;)

あぐ。



japancorona_25may2020jx.jpg




ところで>>

日本はどういうわけか、今のところ比較的・・・軽症で済んでいる。

国際比較にどのくらい意味があるかはともかく、数字を見るとそうですよね。

亡くなった人たちの数、ケタがちがう。

ゼロの数がちがう。

(多少の統計、集計ミスで説明できるような差ではない。)

「日本は甘すぎる! 2週間後にはNYみたいになる!」

とかいってた専門家は、この現象をどう説明するんでしょう。

※今日の時点で、アメリカの死者が10万人弱。日本は、900人未満。

※アメリカの人口は大ざっぱに日本の倍です。

※ヨーロッパで感染拡大防止のお手本みたいにいわれてるドイツですら、死者は8000人超です。

皮肉じゃなくて。

本当に、マジで理由を知りたい。

(o´_`o)

わたしは個人的に、日本では家に入るときに靴を脱ぐこと。

手洗いやうがいにマメなとこ、マスクに抵抗がないこと。

わりとキスやハグや握手の少ない、非接触文化であること。

―――あたりの地味な差かな、と思っています。

誰か、研究して解明してほしい。







●なんか

終わったふうな書き方をしてしまった。

コロナ禍は終わってない。

はい。

ひとまず嵐は去っても、以前のようにはならない。

第二の波が来ても、来なくても、世界中の経済はボロボロだ。

失業するひとも、減収するひとも、これからもっと増える。

経済的に立ち直るのには、何年もかかるかもしれない。

どこをみても、調べても、楽観的な声はきこえない。

(((((((;´д`)))))))

あう。

でも、落ち込んでいても何も変わらない。

できることをするしかない。

がんばるぞ。



では、またね。。。


【25/05/2020 20:18】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。