自衛する

●今さら

驚かないけど、東京の感染者。

毎日200人を超えてて、これって緊急事態宣言のときより悪い。

「夜の街」じゃない人たちの感染も増えています。

まずいでしょ。

病院や学校でちいさなクラスターが起きている。

それでも、自粛要請とか大規模なのはやらないらしい。

自粛のお願いどころか、7月22日から「Go toキャンペーン」やるみたいだし。

何がなんでも、夏休みの旅行ニーズを喚起したいようだ。

(そうしたい理由はわかる。もちろん。)

が、いいのかねえ。

「さあ旅に出ろ! お金を落とせ! 経済を回せ!」

号令をかけられても、困りますよ。

先月ならともかく、今は他県に行くのをためらう。

そりゃ、ね。

どんだけ旅行や友人とのお食事が好きでも、ふたたび遠慮モードだよ。

世の中のマジョリティは、そうじゃないかと思います。

他人から要請されなくても、勝手に、セルフ謹慎中?(笑)

自衛するしかないもん、いろんな意味で。

首都圏からどっかの観光地に出向いて、コロナを持ち込むのが怖い。

まったくコロナ持ってないと自分では思ってるけど、そこはわからないもんね。

まさかの無症状くんかもしれない。

家族や友人、いやたとえ赤の他人であっても、うつしたくはないよ。

(^~^;)



ww12072020a.jpg



ww12072020b.jpg



ブラジルの変な大統領とか、あめりかの変な大統領とか。

日本でも、かかったらかかっただぜ!とかいってるやつらとか。

コロナのリスクを過小評価するひとたちには、この気分はわからないんだろうなー。

自分自身が罹患するかしないか、じゃないのよね。

「自分がうつされるかどうか」 だけの問題じゃない。

怖いのは、そこじゃない。

自分が知らずにウイルスを運んじゃうかもしれない、キャリアとしてのリスク。

それを、考えるからですよね。

家族や友人、同僚、そのへんですれ違う他人たちにうっかりうつしちゃう可能性。

感染が市中に広がって、ビジネスも学校もふたたび、シャットダウンされちゃう可能性。

4月、5月の苦しい巣ごもり生活が、すべて水泡に帰すかもしれない。

それがいやなんだよー。

だから、暑いし苦しいし大っ嫌いだけど、マスクして生活してるの。

自分が病気になりたくない、イコール、自分が誰かにうつしたくない。

ひとりひとりが予防すれば、かなりの確率で、蔓延を抑えられるから。

「大騒ぎしすぎ! かかってもたぶん自分は死なないし、だいたい治療費は国が出すし!」

っていう輩がもっともっと、減るといいんだけど。

そういう問題じゃないんだよー。

|||(-_-;)||||||







●一方で

ちょっと不謹慎ではありますが、こそっと思うこと。

コロナの影響で、いろんな場所で 「人混み」 が敬遠される。

いわゆる大都市の 「あるある」 が、ことごとく否定されてる感じ。

その余波で、今はあれです。

ぎゅうぎゅう詰めを排除する方向に、社会が動いている。

※通勤列車は除く。

レストランでも、お店でも、美術館でも、映画館でも。

あるいはコンサートでも、スポーツイベントでも、はたまたツアー旅行などでも。

テーブルや席数を減らしてスペースを開けたり、人数を制限したり。

前後左右の席を空けたりと、かなりゆとりを持たせてますよね。

再三いうとおり、これは企業サイドにとっては死活問題だと思う。

従来のビジネスモデルの否定。

収益モデルの崩壊。

ウィズコロナの時代。

―――大変な世の中になったもんだ、と思います。



その一方で、ですね。

のん気な利用者の目線でいうと、広々してるのです。

狭いテーブルに4人、6人と押し込められることがない。

こないだ小鳥さんと映画に行きましたけど、スペースがひろびろ。

(もちろん 『ボヘミアン・ラプソディ』 ですよ、はい。)

のびのび、というか。

カフェに入っても、えらく間がとられていてゆったり。

申し込んではいないけど、旅行会社のメルマガでも、

「おひとりさま2席! ゆったりバスの旅!」

みたいなのばっかり。

図体のデカイわたしとしては、正直ちょっと、ありがたい。

申し訳ない気もするんだけど。

(^~^;)



今だけなんだろうなあ、とは思う。

やたら外出するのもこわい、そういうご時世ですし。

だけど、外出自粛で (できるところから) テレワークが一気に普及して、さ。

「あれ、やれるじゃん」 という体験が生まれた。

今後は恒久的に、在宅勤務を取り入れる会社も増えている。

いちばんいい話は、お父さんの単身赴任をなるべく減らそうという動きだよね。

うちの家族にもおりますが、会社の都合で家族が離散するのって、ほんとヒドイ。

ときに悲劇を生むとすら思う。

(離散しない場合でも、お母さんの退職・転職や、子ども転校など、影響ははかり知れない。)

そういうのが減らせるなら、テレワークは偉大だと思います。

コロナ禍が教えてくれたこと、あるかもしれない。

価値観の変化が生まれる、かもしれない。

たまにね、そう思います。



では、またね。。。



【12/07/2020 22:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。