サバイバル

●ゼレンスキー大統領

よく日本に来れたなあ。

これをきっかけに、いい方向に進むといい。

―――切にそう願ってますが、どうなんでしょう。






●バーベナ

わたしの宿根バーベナは、順調に育っているみたい。

(//∇//)

荒れ果てたしょうもない庭に、可憐に咲く感じがたまらん。



DSC_4221msf.jpg



DSC_4223msf.jpg



うひひ。

アナガリス
・・・やっぱり元気がない

ポーチュラカ
・・・旺盛に茎をのばしてはいる(が、晴れない日が多いのではちょびっと)

バーベナ
・・・今のところ順調に育成中のようだ

超絶初心者には、が咲いてくれるだけでありがたい。

単純に、うれしい(笑)。

アナガリスがイマイチなのは、うにゅにゅ。

ヾ(´▽`;)ゝ

申し訳ないとは思うけど、原因がわかりません。

なんとかレスキューしたい。






●新聞の

オワコン感は異常。

本当にね。

(^~^;)

「昨日のニュース」しか載っていない新聞はいつ完全消滅するのか

正直、うちは諦めてます(笑)。

親が元気でいるうちは、紙の新聞を購読し続けるだろうなあ。

値段は上がる一方だし、内容は薄くなる一方。

情報としての価値という意味では、ほぼゼロ。

だって、まさに 「昨日のニュース」 しか載ってないもんね。

(昨日どころか、おとといのニュースってことすらある。休刊日が増えたから。)

この記事にあるとおり、夕刊は2枚、3枚の紙がぴらっと。

うっすいうっすい。

大半は広告で、やっぱり情報としての価値は感じない。

「はい、夕刊ちゃんと発行しましたよ」 という、言い訳的な存在。

うん、意味ねえ。

(((((((;´д`)))))))



やめていいとは思うけど、親が新聞だい好きだからなあ。

休刊日とかね、つまらなそうだもの。

毎日ポストに読むものが届く、それが日常なんでしょうね。



こんなふうに、今はまだ。

アナログ民がそれなりに存在する限りは、紙での発行は続くんでしょう。

といっても今のボリューム読者層、つまり高齢者は、いつまでも存在するわけじゃない。

そろそろ多死社会が到来する、そうしたら終わりですよね。

終わっていいよ。

で、新聞社は本気で、紙の新聞なしでのサバイバルを考えなくちゃいけない。

(というか、もうとっくにそっちにシフトしてなくちゃいけない。)

紙の新聞の需要はおそらく、あと5年か10年で消滅する。

(実際に消えるというより、採算がとれなくなって維持できなくなる。)

だけど、新聞社の発信する情報へのニーズが消えるわけじゃない。

新聞社がつぶれてしまっては困る、はず。

たぶん。

たぶんね。



では、またね。。。


【21/05/2023 18:23】 ガーデニング | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2023年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。