ちょきちょきちょきちょきちょきちょきの図

●昨日の

ブログに書いたアレ。

かっこつけて呼べば 「冬剪定」 の写真です。



DSC_1032m_20231125.jpg



要は、ひどく暴れまくった夏の草たちをばっさり。

ばっさり、ホント容赦ない。

阿鼻叫喚プランター。

(((((((;´д`)))))))

いかにもひどい荒れようですが、ご容赦ください。

どう手をつければいいのか、わからなくって。

ずうっと放置してました。

( ;∀;)



DSC_1047m_20231125.jpg



DSC_1051m_20231125.jpg



DSC_1052m_20231125.jpg



うは。

これは剪定というより、ほぼ刈り取っちゃった感じ。

枯れはじめてるけど、意外と根っこがしっかり張ってる。

スーパートレニアカタリーナ、ピンクリバー。

(あれ、アイスリバーだったかな?)

―――のなれの果て。

_(_"_;)_

この鉢は最初からイマイチでした。

結局わんさか!もりもり!咲く感じはなかった、ような。

うーん。

(^~^;)

ブルーリバーはね、もっとずっと元気。

今でもけっこう咲いてますので、まだちょきちょきできないなあ。

同じ時期に、同じ業者から、同じ品種の苗(色ちがい)を買った。

同じように植えつけしたのに、おもしろいですよね。

元気さにはものすごく差がありました。



DSC_1057m_20231125.jpg



これはポーの一族。

たくさん鉢がある中のひとつです。

徒長するとこんなに伸びるって、びっくりですよね(汗)。

赤っぽい茎がふつうのポーチュラカ。

黄緑色の茎は、ポーチュラカ ローズマジシャン。

茎そのものは元気で、挿し芽をすればいけるかもしれない。

でも、なんか。

もう店じまい、みたいな感じ。

( ;∀;)



DSC_1060m_20231125.jpg



DSC_1062m_20231125.jpg



アメリカンブルーの剪定前、剪定後。

こちらもほぼ、シーズンおわり。

最近はもうを咲かせなくなってました。

この子は鉢がこのひとつだけ。

差し芽、ポーやトレニアほど簡単ではなかった印象です。

冬越し、うまく行きますように。



DSC_1065m_20231125.jpg



DSC_1069m_20231125.jpg



これもうね、ホントひどいですね。

ポーチュラカのいちばん最初の(いちばん大きな)プランター。

ボーボーの荒れ放題。

暴れて手のつけようがないので、こちらもほぼ刈り取りました。

ヾ(´▽`;)ゝ

すごいなあ、と思うのは。

半年ぐんぐん茎をのばして、最近までじゃんじゃん咲いていた。

なのに、剪定でするっとあっさり抜ける。

※抜けないのもあります。

意外と、根っこが張ってない。

こんなちゃちな根っこで、培養土から栄養を吸い上げてた・・・?

こんなんで、ずーっと咲いてたの?

信じられない生命力。

(((((((;´д`)))))))

ご苦労さまでした。

ずっと長いこと楽しませてくれてありがとう。



では、またね。。。



【25/11/2023 23:55】 ガーデニング | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。