あと少し、もう少し

●今日の薔薇たち

いよいよ、開が近い(笑)。

(´艸`*)



DSC_5822mm_20240424.jpg

セプタード・アイルです。

王道イングリッシュローズ。

ピンク色のびらがちらりと見える。

うひひ。



DSC_5841mm_20240424.jpg



DSC_5839mm_20240424.jpg

上のふたつの画像は、カミーユちゃん。

弁は白い? それともピンク色?

うーん。

青い薔薇(うす紫)のはずなので、乞うご期待。



DSC_5818mm_20240424.jpg

大きなつぼみがいっぱいのブラスバンド。

オレンジ色。

つぼみも葉っぱも健康そう・・・ではあるんですけど。

この子は下葉がけっこう黄変してる。

(^~^;)

まつお園芸のお兄さんによれば、問題はないらしい。

薔薇の下のほうの葉っぱが黄色くなる現象は、この時期よくあるらしい。)

もっとも、病気の可能性がないわけじゃないですね。

ちゃんと観察します。



DSC_5814mm_20240424.jpg

まっすぐに伸びたクイーン・エリザベス様。

いいねえ。



DSC_5812mm_20240424.jpg

かわいいかわいいポンポネッラ。

鮮やかなピンクの小輪の薔薇

画像ではよく見えないかもしれませんが、小さいかたいつぼみがいっぱい。

うひ。



DSC_5808mm_20240424.jpg



DSC_5698mm_20240424.jpg



DSC_5802mm_20240424.jpg



DSC_5807mm_20240424.jpg

上の4枚はぜんぶ、ピエール・ドゥ・ロンサール。

人気ナンバーワン、圧倒的に美しいピンクとアイボリーのつる薔薇

なんだかんだ不安でしたが、よく育ってる・・・気がする。

(^~^;)

このところ、つぼみもどんどん上がってきた。

大輪のなので、つぼみも大きめ。

この子限定で、害虫や病気にやたら神経質になってるわたし。

どうしてだろう?

よく自問するけど、要するに、自信がないのですね。

(^~^;)

わたしが買った薔薇の中では、唯一のつる薔薇。

唯一の一季咲き。

誰もが知る超有名なお

そんな要素が微妙に絡まりあって、プレッシャーになってる(汗)。

自分でプレッシャーをかけてる、かもしれない。

でもなあ。

実際なぜか、いつもこの子の葉っぱで異変を見つける。

虫も見つける。

なぜだ。

(^~^;)

※大雑把なくくりでいえば、ピエロンは弱い品種ではありません。

最新の品種ほどじゃないにせよ、そこそこたくましいはず。

でも、なんかね。



DSC_5798mm_20240424.jpg



DSC_5166mm_20240424.jpg



DSC_5793mm_20240424.jpg

祖父のオールドローズ。

ピンクのつる薔薇、品種不明。

こちらはもうね、元気いっぱいです。

有機肥料も薬剤も最低限、というかほぼあげてない。

でもぐんぐん育つし、葉っぱもきれい。

つぼみがたくさんありすぎて、数えられない。

あんまり数が多いので、少しソフトピンチ(摘蕾)した。

この子が長年のひどい扱いに耐えて、無事に咲いてくれたら。

本当に、ホントにうれしいです。

(ρ_;)。。。



では、またね。。。


【24/04/2024 01:34】 ガーデニング | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。