48時間の葛藤(笑)

●本日のグチ(笑)

「なんで週末って、48時間しかないの???」

バカバカしい質問ですが、これって切実ですよね~。

1週間の仕事の疲れを癒して(=つまりゴロゴロのたのた生息すること)、たまっていた家事(お洗濯とか)をイヤイヤ片づけて、ちょっとばかり・・・そう、ホントにちょっとばかりネットの海を徘徊して、お友だちに電話でもすると、それでもう終わり。

あっという間に、日曜日の夜になってます(苦笑)。

やろうと思っていたアレもコレも、まったく手つかずのまま。サイトの改装だの小説の続きだの、それからもちろん副業の原稿書きだの・・・ひょええ~、何もしてないのに、もう月曜日が来ちゃうじゃありませんか。ぐうたらにもほどがあるけど、でも、ぐうたらするための週末よね?(笑)

・・・おかしいな~、昔は仕事が生きがいだったんだけどなあ(苦笑)。


●こんなものを

作ってみました・・・か、かわいいかな?

koneko plate 1

Photoshopで遊んでいるだけの、ごく他愛ないものですけどね。でもつくっていて楽しいので、そのうちコネコ同盟でシリーズ化するかも(笑)。もっとも、作品って呼べるようなレベルの代物じゃないので、う~ん・・・なんでしょう。コネコ素材・・・かな?


●そういえば

受験勉強のとき、やりましたよね~。

数えられる名詞なら「few」、数えられない名詞なら「little」ってやつです(笑)。それがまた、冠詞の「a」がつくかどうかで意味が全然変わるものだから、子供のころはずいぶん苦労したような。。。

なんてのを、この記事を読んで思い出しました。

Tesco checks out wording change

テスコってのは、イギリス最大手のスーパーマーケット・チェーンです。「チェックアウト」は、イギリス英語でレジのこと。

日本では最近どうなのか、実はわたしはよく知らないのですが。。。テスコをはじめイギリスのスーパーでは、買う商品の数が少ない、急いでいるお客さんのための「エクスプレス・チェックアウト」が設けられていることが多いです。たいていは品数が10点以下とか、8点以下とかじゃないかな?

誰にもたぶん、似たような経験がありますよね(苦笑)。自分が買うモノはほんの数個しかないのに、レジで、大きなカートいっぱいのお買い物をしてる人の後ろに並んじゃって、なかなか自分の番が回って来なくてイライラ・・・ってこと。

そ~いうのを避けるために、品数が少ない人の専用レジがあるんですね。で、そこに、はっきりくっきり書いてあるわけですよ(笑)。

「10 items or less」

品数が10点以下のカスタマーは、こちらにどうぞ。意味はもう、間違えようがないくらい明確ですが、問題はその英語なんです(笑)。ここでいう「品物」は、すべて数えられるアイテムです。たとえばミルクの場合、本質的には(液体なので)「数えられない名詞」かもしれませんが、商品としては1個のプラスチック容器に入ってますから、数えられますよね。

(わたしだったらそれよりも、たとえば量り売りのリンゴを3つ買ってひとつのビニール袋に入れた場合、それがアイテムとして1個なのか、3個にカウントされるのかで悩むかも・・・?)

ま、とにかく(笑)。

スーパーの商品は全部ひとつずつ数えられるのだから、レジの表記は「10 items or fewer」が、文法的には正しいはず。確かにそうなんですが、でも、この手のレジで「fewer」が使われてるのって、わたしはほとんど見たことないんですよ(笑)。イギリス人って文法にイマイチ弱いので、なんとなく誤用されたまま、それが一般通例化してしまった・・・のだと思います。

でも、今度ようやく、その表現を訂正するんですって。新しい表現は、「Up to 10 items」だそうで、それなら確かに正しいというか、文法上の混乱は避けられますね(笑)。







●こんなふうに

考えてみたこと、なかったなあ。

Australia suffering 'man drought'

わたしの周囲(オフィス)には、オーストラリア人男性がやたらめったら多いです。そりゃまあ、いちばん多いのはイギリス人だけど、でも、オージーの多さは半端じゃないです(笑)。たまたまそうなのではなくて、なんというか、わたしのいる業界全体がすでに、どんどんやってくる大量のオージーに依存してると言ったほうがいい。

広い世界を見たくて、冒険をしたくて、給料のいいシティに憧れて、腕だめしをしてみたくて。

・・・たぶん理由は、そんなところだと思いますが、ちょっと学歴とキャリアに自信のあるオージーは、とにかく「一度はロンドンで、どのくらい自分が通用するのかやってみる」カルチャーがあるんじゃないかな。特にその傾向は、男性に多いように思います。野心もあるでしょうけど、でもオーストラリアの人は、外の世界を見てみたいという好奇心、明るく素直な興味にあふれていると思うので。

(なぜイギリスかというと、やっぱり歴史的に「近さ」を感じるからでしょう。宗主国、本国なんてコトバを使ったら、いけないんですけどね。もちろん、他の国にもいっぱい移住してますけど。)

で、上記の記事につながるわけですが。

20代から30代の男性がどんどん海外に流出してしまうせいで、なんとオーストラリアでは、深刻な男性不足なんだそうです。もともと人口が多い国じゃないけど、そのうえ男性が10万人も不足してるって・・・ものすごい数字ですよね。

しかもそれが、若い世代に集中してるわけだから、結婚・出産を望む女性にとっては、ゆゆしき事態ですよね。文字通りの、自分ではどうしようもない「男日照り」だって、この記事には書いてあります。大志を抱いて世界に飛び出していく男性たちを、つなぎとめるのは難しいだろうなあ。。。

これも、わたしの周囲の話ですが>>

そうやってロンドンにやってくるオージーは、何年か暮らしたあと、最終的には祖国に戻って行くのが普通です。滞在年月はひとによってちがうけど、最後はやはり、オーストラリアに帰るケースが主流。でもそのときには、現地で見つけた彼女・奥さんがいて、つれて帰ることが多いような。

男女比のゆがみは、それじゃ解決しないですよね。

【01/09/2008 12:19】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。