「ディスコ」が死語じゃなかった頃

●明暗を分けた?

という感じがしました。

イギリスの若くて有望なスポーツマンたち、という括りで(笑)。

McLaren to fight Hamilton penalty

Murray stuns Nadal to reach final

ベルギーのF1グランプリで、ハミルトンくんは僅差で優勝・・・かと思ったんですが、どうやら反則があったらしく、降格処分(3位)になってしまいました。うぐぐ~。雨に強い彼は、望みどおりに降ってきた雨に助けられ、逆転したかと思ったんですが、世の中、甘くはないですね(苦笑)。チームは抗議するって言ってますけど、どうなることやら。

一方、イギリスのテニス界であっという間にトップになっちゃった、期待のアンディ・マリーくん。彼は、スコットランド人です・・・いや、それはともかく(笑)。全米オープンで、世界ランキング第一位のナダル選手を破って決勝進出ってのは、これはスゴイなあ。びっくり、なんて言ったら失礼なのかもしれませんが。

マリーくんにとっても、本当の意味で世界のトップに躍り出るチャンスですね。もう何年も、「今にブレイクする、彼の時代がやって来る」って言われつつ、なかなか実現せずにいたので、正念場かもしれません。優勝すれば、なんと1936年にフレッド・ペリーが優勝して以来の、イギリス人による全米オープン制覇だとか。相手はフェデラーだけど、がんばってほしいなあ。


●サイトの更新を

してます♪

今回は、桃さまにいただいた、ものすご~く美味しい岩城さんのお話です。いや、ホントに楽しいSSですので、ぜひ堪能してくださいね。(どうしても明暗をわけた壁紙を使いたかったので、途中で区切って2ページ構成にしてますが、ひとつのお話です。)

ぽよよん岩城さんの最終回は、鋭意★執筆中・・・と申し上げたいところですが、最近どうもスタミナ不足で、残業のあとで書く気力が減退気味です(苦笑)。思いだけは相変わらずいっぱい、次に書くお話のアイディアもいっぱいなんですが、なんせ限られた資源(=わたしのエネルギーと時間)がお仕事に流れちゃってるので、少々トロトロ進行中。

あ、別に体調が悪いわけではないです。

今年はなんだか不調のときが多いので、「ましゅまろんどんは病弱だ!」と思ってる方もいらっしゃるかと思いますが、それはたぶん違います(苦笑)。フツーなんですが、ちょびっとね、寄る年波ってやつに足を掬われてるだけです。。。

(できれば認めたくないけど、否定してもしょうがないしね~。)


●そういえば

スポーツねた、もうひとつあったんでした。

北の湖理事長、退任も視野 露鵬の大麻陽性確定

お相撲さんとしては、現役時代、北の湖っていえば「悪役」の代名詞みたいでしたけど(笑)。でもそういう(不本意な?)役回りだったにせよ、ご本人は、とっても温厚でいい人だって、どこかで読んだ(聞いた)ことがありました。だからわたし、勝手にそう思っていたのですが。。。







でもなんか、大変なことになってますね。

よそ者のわたしには事情もよくわからないし、特殊な業界の話だし、今回の「陽性反応」の信頼性について、何か言える立場でもありませんけど。でもこれ、ボトムラインはやはり、「危機管理」に尽きるような気がしています。

複数のお相撲さんが、麻薬を使っていた疑いがある。それだけですでに大問題だし(犯罪なので)、関係者の責任も問われるでしょう。嫌疑がかかってる力士(のひとり)のお師匠さんである北の湖も、そういう意味で、責任はあるだろうと思います。監督責任ってやつですね。

でも今、北の湖が責められているいちばんの理由は、自分の部屋から不祥事を出したからではないですよね。そうじゃなくて、相撲協会の理事長・・・つまり組織のトップであるのに、今回の問題に真正面から取り組んでいない。ことの重大さを理解していない。しかるべき対策を打ち出していない・・・それが、非難の理由なのだろうと思います。

言い換えれば、危機管理能力の欠如、ですね。

彼ひとりの責任だとは思いませんけど、でも、彼がトップだからなあ。お偉いさんたちには、この手のスキャンダルが一度起きるだけで、どれだけお相撲の世界全体が悪い影響を受けるか、わかってないのかもしれません。イマドキの世間は、たとえどれほど歴史と伝統のある組織・競技であろうと、容赦なく裁くってことを、理解できずにいるのかも。

まあ、まさかお相撲さんの世界で、ドーピングだの麻薬だのってコトバを聞く世の中になろうとは、わたしですら、ちょっと考えてもいませんでしたけどね。。。


●はい、スミマセン

反応しました・・・(笑)。

ジュリアナ東京 一夜限りの復活に1万3千人

ポスト・バブル時代のド派手なあだ花・・・ですかね。

行ったことないけど、正直に告白すると、一度は行ってみたかったなあ(笑)。いつか誰かに連れていってもらおうと思ってたら、なくなっちゃったという感じでした、かつて(苦笑)。何度か行ったという友人に、そういえばお扇子をもらったこともあるよ・・・時代ですねえ。

【08/09/2008 10:22】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。