おいしいシアワセ

●ブログの

テンプレート、今ちょっと迷走していてすみません(苦笑)。

ご覧になるたびに、入れ替わっている状態かと思いますが・・・いや、ピンクのお月さまにしたかったのですが、どうしても「記事落ち」しちゃうんですね。我が家のPCでは何の問題もないのに、IE6、解像度800×600で見ると、記事がページの下に思いっきり落っこちていて(苦笑)。

それでホタル・ヴァージョンに替えたらば、今度はうまくタグの編集ができなくて、やっぱりイヤになってしまいました。(これはたぶん、FC2のサーバのご機嫌が悪いんじゃないか、と。)

※記事落ちってのは、要するにブログ・テンプレート全体の横幅よりも、記事の幅+プラグイン(=カウンタや自己紹介の部分)の幅が広いせいで起こる現象です。ブラウザや、PCモニタのサイズに影響されるので、わたしには分からないことが多いんですよ(苦笑)。

で、今はまた別のものに変えてます。

見え方がやっぱりヘンでしたら、「この人、センスが悪いなあ」とため息をつく前に、「テンプレの不具合かも?」と思ってくださると嬉しいです(笑)。その際は、ぜひご一報くださいませ。。。うるる。


●TBのお題から

「あなたは今、どんな髪型?」

ぜひ答えさせてくらさい(笑)。単なる目の錯覚かもしれませんが、今のわたしのヘアスタイルだけなら、(最近の)香藤くんにまあまあ似てると思います。ぐひひ。・・・他に似てるところは、一切ありませんけど。

あ、でも香藤くんは、カラーリングで白髪をごまかしてはいないだろうな(苦笑)。


●これも

どっかの砂吐き甘々ばかっぷる、みたいで(笑)。

「ありがとう」のごはん

ね、『春抱き』御殿のお食事の情景、まんまに聞こえます。岩城さんも、どこかで何気なく、「今晩は香藤が何をつくって待ってくれてるのか、家に帰るのが楽しみなんですよ」って、普通に言ってるだろうなあ(笑)。予期せずにノロケ爆弾を食らったほうは、たまったもんじゃないと思いますが。

ただし。。。

カミングアウト?すると、わたしにとってこの食卓の光景はフツーです(笑)。わたしの両親はすでに70代ですが、母の作った食事を父が誉める、誉める、誉め倒す(笑)。おいしいって、ありがとうって、本当に幸せそうに言う、それに母がにっこりを返す・・・って、我が家ではデフォルトでした。

誰しも子供は、自分のうちが普通だと思って育ちますので、わたしは長いこと、それがちょっとばかり特殊であるらしいってことに、気づきませんでしたよ(笑)。オトナになって、男の人が自分の妻のことを(謙遜とはいえ)悪く、低く言うことに、ものすご~い衝撃を受けましたもの。

※父は子供たちに、真剣な顔で、「いいか、おまえたち。うちのママのような美人で優秀な母親を持ったおまえたちは、世界でいちばん幸せな子供なんだぞ。それを忘れずに、ママを大事にするんだぞ」って、説教するような人です・・・たはは~。

そのせいでしょうが、わたしは「それが文化だから」って納得することに、心で抵抗を感じてしまうんですよね(苦笑)。人それぞれ、地域性や価値観があるでしょうから、誰が正しい、誰が間違ってるじゃないと思いますけど。でも、自分の人生のパートナーを貶める文化ってのは、どんな思想がその裏にあるにせよ、ちょっと哀しいかなあ。。。

ところで>>

この記事の中にある、「今晩の食事、何が出てくるか楽しみ」という発言に、生徒さんたちが静まり返った・・・というエピソードですが。

わたしもコレ、理由がいまひとつ想像できないのですが・・・もしかしたら単に、「そりゃアンタの奥さんは料理研究家なんだから、何が出てきても美味しいだろうさ」という、やや冷ややかな反応だったのかも、と思うのは意地悪すぎ?(苦笑)


【09/09/2008 12:30】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。