花言葉は高潔、美しい心

●TBのお題から

「ポテトチップス、好きな味は?」

う~ん、いちばん好きなのは日本で売ってる、いちばんフツーの「のりしお」味なんですが、むろんロンドンでは買えません(笑)。

ロンドンでは・・・いろんな味を試してみたけど、結局は、スタンダードな塩味に戻ってしまうような気がしますね~。パンチの効いたソルト&ペッパーも好きですが、ブランドによってはつぶ胡椒がきつくて、時々むせたりするからなあ(苦笑)。

で、イギリスでしか売ってない・・・かどうかは知らないけど、イギリス伝統のフレイバーといえば、「ソルト&ヴィネガー」ですね(笑)。これって要するに、フィッシュ&チップスの(いちばんふつう、というか庶民的な)味つけなんですよ。昔むかし、はじめてロンドンに留学して来たときは、こんな味のを食べたことがなくって、けっこう衝撃でした。

chips - salt and vinegar

袋を破ったとたんに、ぷ~んと漂う強烈なヴィネガー(=お酢)の香り。これに郷愁を感じるようになれば、アナタも立派なイギリス人・・・かも(笑)。


●お花の写真

昨日のフラワー・ショー写真、気に入ってくださったみなさま、ありがとうございました♪

調子に乗ってる・・・つもりはないのですが、まだまだご紹介したい花たちがありますので、もうちょっとだけおつきあいくださいね。佳境はこれから、なんですもの(苦笑)。

(いちど外出すると、ブログねたがたくさん生まれていいなあ、と実感してます。たはは~。)

floral celebration 10 - clematis  floral celebration 11 - clematis

で、クレマティスです(笑)。

フラワー・ショーの中心は、テンプル・ガーデンに咲きこぼれるたくさんの夏・秋の花たちだと思いますが、お庭のコンテストもあったりして。数メートル四方の箱庭っぽい空間を、さまざまな花をアレンジして植えて、その美しさを競うものです。

で、見事に金賞に選ばれたのが、この「クレマティスの亭(あずまや)」でした。(大きな白いテントの中に展示されていました。)

floral celebration 12 - clematis  floral celebration 13 - clematis

※上の2枚の写真は、フラッシュと焚いて撮影したもの(左)と、焚いてないものです。肉眼で見た印象に近いのは、やはり右側の写真ですね~。

大きく「あずまや」風に組まれたトレリス(全体像は鳥かごみたいな形)に、さまざまな種類のクレマティスを這わせて、なんとも言えない秋らしい風情。白~紫のグラデーションがキレイで、華やかさはないけどしっとりと美しくて。イングリッシュ・ガーデンなんですが、どこかしら和風ですよね。

(鉄線のお仲間だそうだから、それも当然かなあ。もともとイギリス人は、日本の草木や庭造りが大好きですしね。)

floral celebration 14 - clematis

で、これはスーパー手前味噌なんですが。。。(苦笑)。

わたしが「ゆすらうめ異聞」をはじめたばかりのとき、最初に書いた(散文詩以外の)お話が、クレマティスの丘でデートする岩城さんと香藤くんのお話でした。

(そんなお話あったっけ、と首をかしげられた方は、よろしかったら、2005年の「Autumn Romance」を読んでやってくださいな。・・・と、宣伝してみたりして。)

あのお話の舞台になったビュッフェ美術館は、ホントにわたしのお気に入りですが、実はクレマティスの丘は、行ったことがありません(苦笑)。だから、ネット上の資料と想像であのお話を書いたんですが・・・今回、フラワー・ショーのあちこちでクレマティスを堪能して、確信しちゃいましたよ。岩城さんがクレマティスを好きだ、という(わたしの勝手な妄想による)設定は、イメージ的にはまちがってなかったなあ、って(笑)。

岩城さんに似合うお花。

もちろん、真っ赤な薔薇も白い百合も、雪椿もさんさん降るさくらも、なんでも似合ってしまいますけどね。でもやはり、日本らしい、派手すぎないお花がいちばんかなあ、と思います。紫がイメージなのは、わたしの好み丸出しですけど(苦笑)。

ちなみにクレマティスの花言葉は、「美しい心」「精神的な美しさ」「高潔」などだそうです。ぴったりだと思うけど、最後の「たくらみ」って・・・さあ、これはなんだろう?(笑)







●連絡事項

メールをくださったM(MK)さま>>

例の「情報」は公式見解ではありません。ごめんなさい、混乱する表現をしてしまったのでしたら、心からお詫びします。単にわたしたちが、そういう目標に向けて動いているだけです。

で、わざわざブログに書いた理由ですが。。。ひょっとしたらメール事故ではないかと、気になったもので。というのも、わたしがお便りを書いたのは7月中旬なのです。そのメールへの返信(と思われる内容の)メールが、昨日届きました。もしかして、わたしのメールが最近やっと到着したということなのか。それとも、すぐに返信をくださったのに、届くのに今までかかったのか・・・?

※返信が遅いと暗に文句を言ってるのではないですよ、断じて!

実はわたしには、ときどきメールをくださる(別の)方で、メールがわたしの受信箱に届くのに3ヶ月以上(爆)かかる方がいらっしゃいます。そうではないときもあるので、この怪現象の出現はランダム。でも、この原因不明の事実があるので、気になっています。

コメントをくださったMさま>>

Duran Duran (=英語の発音は「じゅらん・じゅらん」)に反応してくださって嬉しいです(笑)。中学生になる直前だったかと思いますが、わたしは偶然このバンドを知って、大好きになりました。ひどく倒錯的だって、当時は思っていましたねえ(笑)。お耽美バンドというか、ビジュアル系(←というコトバはまだなかったけど)の最先端だったような。

表向きには、ジョンのファンだと公言してましたが(実際カッコいいと思ってましたけど)、わたしの部屋に貼ってあったのは、お化粧ニック・ローズの巨大ポスターでした(汗)。東京のコンサートも行きましたよ~。年齢的に、よく親が行かせてくれたと思います(苦笑)。

(ボウイさまといい、ジャパンのデイヴィッド・シルヴィアンといい、当時はそ~いう系統が好きだったんだなあ・・・と、今なら認められます。くふ。・・・だからこそ、あと数年早く生まれていたら、絶対にジュリーもツボったと思うのに・・・!)

・・・それにしても、アーティストの国籍なんて気にもとめてなかったのに、結局みなさんイギリス人だってのが泣かせますね(苦笑)。なんだかんだ言って、この国に呼ばれて(無意識に惹かれて)たんだなあ、みたいな?(笑)


●また・・・?

イタリア最大の航空会社が破産危機、労組反対で再建不調

アリタリアよ、おまえもか。。。

そういえば何年か前に、別のヨーロッパ系航空会社の経営再建の仕事をしたことがあります。というか、そういう必要性に迫られていない、迫られたことのない会社のほうが、実際は少ないんじゃないかしら。ヨーロッパの場合、かつて(あるいは今も)国営の航空会社が多い(多かった)せいで、弱小エアラインがたくさんあるんですよね。

弱小という呼び方は、もちろん失礼だとわかっていますが、グローバルな規模でエアラインの合併・経営統合が進んでいる中で、そうでなければ生き残れない厳しい国際競争の中で、ヨーロッパには足腰の弱い、古い体質の航空会社が多すぎるんですね。

特に(元)国営だったようなケースでは、「flagship」(旗艦)というコトバがあるように、その国の名前や国旗をあしらったエアラインは、単なる一企業じゃなくて、国のプライドがかかってる。それが余計に冷徹な経営判断を鈍らせ、本来なら(ふつうの企業なら)とっくに破綻してるような場合でも、政府が必死でサポートするんですよね。。。

それがいいのか、悪いのか。

意見はわかれるでしょうが、国際的に競争せざるを得ないビジネスとして存続の危機に瀕しているときに、労使交渉が原因で再建がうまく行かないのは、従業員のほうに「絶対につぶれるはずのない会社に就職した」んだから=お役所気質があるんだろうなあ、とは思います。

大変だ・・・。

【15/09/2008 02:23】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。