最高気温12度のロンドンです

●TBのお題から

「なに豆腐が好きですか?」

・・・ホント、いい加減どうでもいい質問だよなあ(笑)。

と言いつつ、マジに回答を考えていたりします(苦笑)。お豆腐、好きなんだもん。

えっとですね、海外生活が長いので、そもそも日常的にお豆腐、特に新鮮なお豆腐に触れること自体があまりありません。もちろんロンドンには、日本の食材を売ってるお店が何軒もありますから、その気になればどこかで入手できます。でも、そのためには、わざわざ繁華街に出向かないといけないわけで。。。

それができるような、そんなゆとりのあるライフ・スタイルじゃないんですよね~(苦笑)。いきおい、たまにロングライフのお豆腐(真空パック入りで常温、長期保存できるもの)を買い置くくらいになっちゃいます。

tofu 1

ゲスト出演?は、2年ほど前にイモートにもらった奇妙なお豆腐の写真です・・・あはは~。

新鮮でちゃんと味のあるおいしいお豆腐は、だから憧れです(笑)。美味しいなら冷や奴にするだけでも幸せだし(薬味はネギ、みょうが、かつお節、生姜のすりおろし)、湯豆腐や、その他の鍋ものに入れるのも大好き。ほくほくした揚げ出し豆腐クラスになると、おそらく感涙にむせぶと思います。・・・あはは♪

※母親のつくる揚げ出し豆腐が絶品だと思ってるのですが、なぜか何度つくりかたを教わっても、上手にできません。くう・・・!

どちらかというと、しっかりと歯ごたえというか、存在感のある木綿が好きですが、これはたぶん自分が調理するときに使いやすいからかも(笑)。ちょっと高級なスーパーに出かけて、地方の名産?らしき手作り豆腐を買うのが楽しみだったりもします。(あ、日本での話ですよ。)

あとは、ごま豆腐だあい好き♪

gomadofu 1  gomadofu 2

なんとも言えないねっとりしたテクスチャーと、濃厚な味わいがたまりません(笑)。

考えてみると変な話なんですが、今から10年以上前、出張でアメリカ東海岸に出かけたときに、接待に連れて行ってもらった和食のお店で、たまたまごま豆腐を食べたんですよね。それがなぜか、もうすご~く美味しく感じてしまって(笑)。それ以来、すっかりファンになりました。

tamago dofu 1  koya dofu 1

でもたまご豆腐も好きだし、高野豆腐も好きだし・・・って、なんか節操ないですね、わたし。


●カッコいい♪

と思う男性に出会うことって、ときどきありますよね(笑)。

必ずしも顔立ちだけの問題じゃなくて、立ち居振る舞いとか姿勢とか、歩き方とか、あるいは服装やヘアスタイルなど。あるいは、くしゃりと笑ったその笑顔がいい、とか(笑)。ポイントは人それぞれだと思いますが、たまにそういう「おっと~♪」な遭遇があったとき、自分の反応が可笑しいことに最近になって気づきました。

☆まずとりあえず、カメラを構えたくなる(爆)
☆『春抱き』キャラの誰に相当するか、脳内で猛スピードで考えてる
☆腰つきなどが妙に目につき、「岩城さんの腰も、あんな感じだったり」・・・などと妄想する
☆脳内で、その人物に勝手に名前をつける(爆)

カメラはさすがに、実現しない(しようがない)ときのほうが多いので、どうぞご安心ください(苦笑)。ここで言ってるのは、通りすがりのお兄さんとか、コーヒーを入れてくれたスタバの店員とか、そういうレベルの「赤の他人」です(笑)。

いい男を見かけて、反応すること自体は普通だと思いますが、その反応の仕方がすでにオタク(笑)。あっという間に、その人物を二次元の世界に(無意識に)引きずり込んでいる事実に、気づいてちょっと愕然としました。あ~、やだやだ(笑)。

london bus emporio armani advert

なんの関連性もないですが、オマケ画像です(笑)。先日見かけた、エンポリオ・アルマーニのバス広告(最新バージョン)。ちょっと遠いところから望遠で撮ったんですが、例によってアブナイ系というか・・・デイヴィッド・ベッカムを起用したこのシリーズ、いつもドキドキさせられます(笑)。







●こんにゃくゼリー

また話題になってるようですが。。。

こんにゃくゼリー自主回収促す 事故受け消費者担当相

なんでこの商品だけいつもやり玉に挙げられるのか、わたしには理由がよくわかりません。子供が喉に詰まらせて亡くなる・・・というのは、大変な悲劇だと思います。悔やんでも悔やみきれないし、誰かにその責任をなすりつけたいだろうと思います。

でも、子供やお年寄りが喉に詰まらせると危険な食べ物なんて、他に幾らでもありますよね。というか、よく例に挙げられるお餅やキャンディーだけじゃなくて、それこそご飯だろうが、イチゴだろうが、秋刀魚の塩焼きだろうが、うっかり喉に引っかかるときは引っかかってしまうと思うのですが。。。不運としかいいようがないけど、そういうことって、稀に起きてしまうものなのだと思います。

たとえば毎年、お正月になると必ずと言ってもいいほど、お餅で窒息死してしまったお年寄りの話をニュースで聞きますよね。たぶん人数で言ったら、こんにゃくゼリーよりもたくさん、不幸な事故を引き起こしていると思いますが、でも、

「お餅の生産をやめろ!」
「形状を変えろ!」

とか、製造元を政府が呼びつけて叱るとか、そんなの聞いたことないですよね。だから余計に、なぜこんにゃくゼリーが目の敵にされているのか、不思議に思ってしまいます。特定の業者を苛めてるような気すらするんですが、考えすぎでしょうか(苦笑)。

カラフルできれいでゼリーって書いてあるから、子供用の食べ物だと勘違いする人がいるのかしら。サイズば微妙なので(ひとくちサイズぎりぎり?)、よけいにリスクがあるのかもしれない。でも、これだけ危険性が話題になってるのに、まったく無知な人が大勢いるとは思えないんですけど。。。それに、パッケージにはちゃんと、注意書きがあるそうですしねえ。

☆もっと飲み込みにくい形状はないのか?
☆もっと目立つように注意書きを書けないか?
☆子供やお年寄りの世話をする家族・介護担当者などを、もっと啓蒙できないか?

そういう問いかけは、あってもいいと思います。

話題が逸れますが、こんにゃくゼリーが原因で死んでしまう子供の数よりも、たとえば家族の虐待や重過失が原因で命を奪われる子供の数のほうが、実際にはずっと多いと思うのです。政府がもっと力を入れるべきなのは、そっちじゃないかなあ。

ともあれ、消費者行政担当相にしてみれば、こんにゃくゼリーの製造元はわかりやすく(数が少ないから)、文句を言いやすいターゲットなんでしょうけど・・・なんだかね。

もちろん、子供はひとりだって死なないほうがいいです。数人しか被害に遭ってないから深刻ではない、と言ってるわけじゃないです。でも、こんにゃくゼリーの危険性が、実際のリスクに鑑みて、必要以上に誇張されている気がするのは、わたしだけでしょうか。

それともわたしが知らないだけで、それだけ特殊性のある食べ物なのか・・・?

【05/10/2008 08:38】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。