なんでもネットでってのも善し悪しかも

●週末は

どうも脂っこいものが多かったので、ちょっとだけ胃が疲れ気味。

小鳥さんもわたしも、晩ご飯はおコメでした(笑)。おにぎりとか、お寿司とか・・・結局そういうのがお腹が落ち着いて、ほっとできるあたり、やっぱりトシ、いや、日本人なんだなあ(笑)。


●あらら・・・

たしかに幻想的でキレイではありますが、でもこれ、よくよく考えるとコワい気もしますね。

蛍光たんぱく質で光る繭玉

人工的なモノじゃないはずなのに、とっても人工的、人為的な存在・・・だからかな?

もっとも、日本人のノーベル賞ラッシュで、サイエンスやケミストリー方面にスポットライトが当たり、ふだんならなかなかニュースにならないことが話題になるのは、すごくいいことだと思います(笑)。時事の(気の滅入るような)ニュースに押されて、こういうのって、なかなかマスコミに取り上げられない分野だという気がするので。

こういう記事がきっかけで、たとえば日本のどこかで子供が、謎と神秘に惹かれて研究の世界を目指すかもしれない。次の世代のワクワクするような好奇心や探究心を育てるのは、今の時代を生きてる人間の役目ですものね~。


●たしかにね(笑)

まだ日本に来てたったの2週間ですが、ネットスーパー(を含めたあらゆるオンライン通販サービス)は、かなりの頻度で利用しています(笑)。ロンドンでもそうでしたけど、文字通りわたしのライフライン的で、日常生活に絶対に欠かせない存在ですね。

ネットスーパー盛況 「不況に強い」サービス競う

楽天が新サービス「あす楽」 食品・日用品など翌日配送

だいたい、アマゾンが食品を取り扱うようになったという時点で、「いやあ、日本のネットスーパー業界も、一斉に花開いた感じだなあ」なんて、うっかり感慨にふけったものです(笑)。

そもそも宅配業界があんまり発達していない(かなり遅れている)イギリスに比べて、日本はそれこそ、世界トップクラスのサービス網を誇っていますからね~。おまけに、「土日の配達はふつうナシ、あるとしても土曜日だけで、それも10ポンドくらい割り増し!」(爆)・・・という、イギリスではごく常識的な考え方が「ありえない」くら、日本はいつでも、どこでも配達してくれますものね。

つまり、通販ビジネスのインフラもメンタルな下地も、すべて整ってると言えると思います(笑)。

これからもどんどん新規の事業者が参入して、どんどんサービスで競争をして、どんどん改良・充実していってくれると嬉しいですねえ。(その過程にはもちろん、波に乗り切れずに撤退を余儀なくされる業者も、いずれ出てくるでしょうけど。)


●これって

なんだか。。。

読書の秋に読みたい日本文学作品ランキング

今さらかもしれませんが、わたし好みの文学って、一般的じゃないんだなあ・・・と、このランキングを見てしみじみ感じました(苦笑)。

宮沢賢治とか、夏目漱石とか、太宰治とか、まるっきり食指の動かない偉大なお名前がずら~り(苦笑)。ここまで掠りもしないと、むしろ爽快ですね(爆)。かろうじて反応できるのが、三島由紀夫、谷崎潤一郎あたりでしょうか。好きだって素直に言えるのは、ようやっと27位の泉鏡花くらいです。

ま、マイナーなの・・・?







●たぶん無理(笑)

ボクらの職場は大丈夫!? 会社の倒産は予知できるのか

う~ん・・・できるものならホント、苦労はしませんよねえ。

この記事にもありますが、イギリスでもたぶん日本でも、倒産(=法律用語じゃないんですけどね)する会社の過半数~3割くらいは、バランスシート上は黒字だと思います。つまり、会社の資産すべてから、会社のすべての負債を引いても、幾らかはお釣りが来る状態。

財産のほうが借金よりも多いのに、なんで会社が潰れる(=乱暴に言えば「借金が返せない状態」のこと)のかというと、要するに、手元にキャッシュがないんです。たとえ資産価値が100億円の不動産(=本社ビルとかね)を所有していても、明日払わなくちゃいけない銀行ローンの利息の返済をするだけの現金が、会社の口座にない。金庫にもない。どこにもない。。。

と、そんなわけで、会社の倒産は予測できないですが、自分の勤め先のキャッシュフローが見えるポジションにいる人は、少しはヒントをつかめるんじゃないかなあ。

たとえば、会社にお金の入ってくるタイミングと、出て行くタイミングに大きなズレがある会社は、それだけ「キャッシュがない!」状態に陥る可能性(あくまで可能性よ)が多いと思われます。

たとえば、マンションを建ててそれを売って・・・という業界の場合、先に出て行くお金(=建設コスト)がかなり大きいけど、実際にお金が入ってくる(=マンションが完成して販売を始める)のは、ずいぶん先ですよね。もちろんそういうビジネスの場合は、何年も現金が入って来ない、なんてことのないように、いろいろ工夫してるわけですが。

対照的に、毎日どんどんキャッシュが入ってくるのは、スーパーマーケットなんかがいちばん分かりやすい例でしょうか。彼らのビジネスでは、仕入れ業者には月に一度、三ヶ月に一度とかまとめて支払うのに、自分のところには毎日確実に、ある程度のキャッシュが入ってくるんですね。キャッシュフローで困ることはあんまりない代わり、うなるような小銭の山をどう運用するかが、キーになってくるでしょうね。

でもじゃあ、建売マンション業者のほうが倒産リスクが高くて、スーパーは安全なのかって言ったら、そうとは限りませんよね。要は、それぞれ異なるお金の出入りするサイクルを、いかに上手に管理してるか・・・だと思います。

なんか、脈絡が見えなくなってきたので、本日はこの辺で・・・!

【26/10/2008 20:17】 六本木の思い出 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。