Youngest ever!!

●六本木に

なんとか戻ってきました。

へろへろですが、楽しい?帰省の週末でした(笑)。詳細は、また後ほど。


●マウスを

新しいものに替えました。

手持ちのマウスはキレイなオレンジ色で可愛かったのですが、何しろ小さすぎて、わたしの指が余ってしまう感じでした(苦笑)。それでは手首に負担がかかってしまうので、もう少し大き目の、ド派手なピンクのマウス(初めてのレーザー式)を買ったんですね。そしたら、PC操作がいきなり楽になりました。

BUFFALO レーザー式有線マウス USB 5ボタン ブラック BSMLU02LBKBUFFALO レーザー式有線マウス USB 5ボタン ブラック BSMLU02LBK
(2008/04/26)
不明

商品詳細を見る

色は違いますが、タイプはこれと同じです(笑)。ちなみに、わたしは藤沢のビックカメラで買いましたけど、アマゾン価格よりも1000円近く安かったです。。。 (アマゾンのほうが安いことも多々あるので、特定の商品については、常に比較することをおススメします。)

レーザー式のせいなのか、非常に高感度で、今までと同じ感覚でマウスを動かすと、カーソルがびゅ~ん!と液晶画面の端っこまで、一瞬ですっ飛んで行きました。・・・うわあ。よくすべるのはいいのですが、カーソルを見失ってばかりでは効率が悪いので、マウスパッドを取り払ったら少し楽になりました。いや、スイスイと使いやすいですねえ。

※余計なお世話ですが、長時間のPC作業が日課のみなさま。

オフィスで対応してくれればいいですが、そうでないなら自腹を切ってでも、マウスと(好みによっては)ハンドレスト、マウスパッドに投資する(ってほどの高額なものである必要はありませんが)価値は、確かにあると思います。わたしはよく腱鞘炎をやるので、なおさらそう思います。


●ワールド・チャンピオン!!!

待ってましたの、真打ち登場~!(笑)

ブラジルGP決勝:ファイナルラップの大波乱!ハミルトンが5位で初戴冠!!

Last-gasp Hamilton takes F1 crown

あるいは、こちらをどうぞ>> 

"Lewis Hamilton is the World Champion!!"

このコトバを聞いて、正直ちょっと、トリハダが立ちました。23歳、史上最年少のF1ワールド・チャンピオンの誕生です。イギリス人としては、12年ぶりのチャンプかな。それも、最終レースの最終コーナーで強運にも、突然失速した上位ドライバーを追い抜いてのギリギリすべり込み優勝。

一度はその手にしかけた栄冠を、最終レースで失いそうになって(レース終盤を襲った悪天候が災いしたそうです)、もうダメか・・・と思ったあとの、まさかの逆転勝利。昨年1点差に泣いたハミルトンくんが、今年はその1点差で逃げ切ったということです。

Hamilton destined for greatness

もちろん、これ以上ないドラマティックな展開に、イギリス中大騒ぎのようです(笑)。なんでこんな記念の日にロンドンにいないんだろうって、さすがにわたしも悔しくなりました。そしたらきっと浴びるほど、たくさんのるいはみ・ニュースを見られたのに・・・!(笑)

どれほど才能を持った人であろうと、これまではあくまで、その「ポテンシャル」を讃えるしかなかったわけですが、今は違う。ワールド・チャンプになったという結果が、ホンモノの証しです。いわば、これまでのすべてのハイプを、実績が正当化してくれるわけですね。

Rollercoaster race to the F1 crown

Report: Lewis Hamilton - the making of a champion (ハミルトンくんの軌跡を振り返るクリップ)

狂喜乱舞しつつも、やはり気になるのは、1点差に泣いたフェラーリのフェリペ・マッサくん。地元ファンの前で完璧な走りを見せて、レースに勝った勢いのままチャンピオンシップも獲った・・・はずだったのに、最後の最後に信じられないどんでん返し。悔しかったろうなあ。

さてこれで、ルイス・ハミルトンくん時代が到来したのか?

彼はすでに歴史に名前を刻んだけれど、真価が問われるのは、むしろこれからなのかもしれません。来年も、5年後も10年後も、最前線で走っていて欲しいです(笑)。







●富士山の秋は

華麗でした。

いや、紅葉のピークにはあと数週間、早いかなという感じでしたけど。それでも河口湖近辺では、紅葉まつり真っ盛り。人ごみもすごかったし、渋滞もひどかったですが、それでも行ったかいはありましたよ~(笑)。

(渋滞がなければ、実家から2時間ちょっともあれば到着する程度の距離なのですが、予定をはるかに超えて4時間もかかりました。くう。)

fuji 2008 autumn 1  fuji 2008 autumn 2

ただし、冠雪のほうは思ったよりもずっと少なかったです。てっぺんのほうにちょっぴりあるくらいで、全体としては富士山は黒々とした印象。もっとも富嶽の場合、いつどんな季節であっても、長~いウェディングベールを引いたような優美な姿は印象的ですけどね。

fuji 2008 autumn 3  fuji 2008 autumn 4

十分、どこにいても紅葉が楽しめましたが、全体としてはまだ・・・そうねえ、多めに見ても4割から5割といったところでしょうか。

富士山と紅葉の写真は、また追ってご紹介しますね♪

【03/11/2008 23:29】 F1/Lewis Hamilton | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。