Awesome night (追記あり)

●仕事もそっちのけ

で、BBCオンラインニュースに釘づけでした(苦笑)。

アメリカの大統領選挙はいつも、何だかんだ言いながら、ライブ速報を一生懸命見てしまうわたしですが、今回は本当に特別。格別。

バラック・オバマ、第44代アメリカ大統領。

いや、もう、言葉にするだけでもまだ信じられない気分。もちろん、支持していたから、というわけではありません。政党がどう、政策がどうというレベルをはるかに超えて、歴史の新しい1ページを目撃したのだと思います。インターネットのおかげで、世界中の人たちがこの歴史的瞬間を(ヴァーチャル)共体験したわけですね。

タイトルの言葉は、実はブッシュ大統領が、オバマ候補(今のところはまだ上院議員ですね)に祝福の電話をかけたときの言葉だそうです。たしかに、この日に起きたことを形容するのに、ふさわしい言葉だという気がします(笑)。


●初の黒人大統領の誕生を

この目で見られるなんて思わなかった。

もっというと、いつか実現するだろうとぼんやり思ってはいたけれど、こんなにあっさり、しかも地すべり的快勝で、それも(今のところ)大きな混乱も暴動もなんにもない状態で、ふつうに経験できるとは思わなかった。

アメリカがいかに変わったか。
アメリカの意外な底の深さ、みたいなもの。

・・・それを実感しました。

(もっともこの「黒人」大統領は、半分は白人ですし、根っからのクリスチャンです。アメリカの人種問題の根本にある奴隷貿易の亡霊を引きずっていない、あくまで自分の意思でアメリカにやってきた、アフリカからの「移民」の子供です。・・・そのあたりが、とても象徴的ですね。)

以上、選挙速報でした(苦笑)。

また後ほど、書きにきますね。







☆追記です 23時すぎ☆

barack obama

●うまく言葉に

できないんですけど。。。

なんというか、いつの間にアメリカは、人種の壁なんかど~でもいい国になったんだろう、と思います。いや、誰もがそれを超越したわけじゃないけど、オバマ次期大統領の勝利は、

「は? 黒人? それが何か?」

って思う人、そう思える人がアメリカにどれだけいるのか、どれだけ増えたのかを改めて実感させられます。人種の壁もなにも、候補者の肌の色が気にならない、問題にならない領域に、あっさり達してしまった。

Obama wins historic US election

当確を受けてのオバマ氏の演説は、かなり慎重なものでした。ヴィクトリー・スピーチというより、早くも大統領の所信表明みたいな感じ。慎重で、冷静で、かつ自負に満ちあふれていました。歴史の重みを、これだけの興奮と期待を受けて大統領になることの責任を、ひしひしと感じているんだろうなあ、という印象。

スピーチのすべては、こちらでどうぞ>> 

リンカーンの言葉を巧みに引用し、ケネディの就任演説のスピリットを持ち出し、マーティン・ルーサー・キング牧師の「I have a dream」演説の有名な台詞を借りた、実に見事なスピーチ。アメリカの政治史をかじったことがある人なら、誰でもわかる言葉をつかって、彼の理想を伝えるテクはさすが、という感じがしました。

(ただしこの三人とも、道半ばにして暗殺され、無念の最期を迎えているんですよね。。。それだけは、それだけは絶対に起きてほしくないです。何があっても、それだけは見たくない。)


●歴史を変えた日を

こうやって見られたことは、生涯忘れないだろうなあ。

わたしが今まで、「今、歴史の大きな流れを目の当たりにしてるんだ!」と意識した出来事といえば、まずはベルリンの壁の崩壊。ソヴィエト連邦の消滅。冷戦の終結。それから、マルコス大統領を蹴散らしたアキノ大統領。香港の返還。北アイルランド和平。

・・・あたりかなあ。

バラック・オバマの勝利も、それに匹敵する意義があると思います。歴史の教科書に、いつかは登場するレベルという意味で。

barack obama 2

さて、試練はこれからですね。

【05/11/2008 13:48】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。