中年モラトリアム

●TBのお題から

「好きな数字は何ですか?」

若いころは、31という「数字」が好きでした(笑)。理由は、昔からの虎ファンに聞いてくらはい。

今は。。。そうねえ、岩城さんのお誕生日というのは、あまりにも定番すぎるので、それ以外ってことで(笑)。かつての岩城さんのマンションの部屋番号とか、クルマのナンバーとか、いろいろ思いつくけど、それ以外では12かな。なぜか、とても好きな数字です(笑)。

それから、54という数字も好きなんですが、この理由がわかる人は、かな~りマニアックかも。


●いい話って

なかなかないけれど、これには感嘆しました。

「急患断らぬ」貫き25年 千葉・柏の病院の医師確保法

まさに、「為せば為る」ですね。

こういう気概を持って運営されている病院があるって、それを知っただけで嬉しいし、お医者さんの本来の使命感、責任感を再確認できたような気がします。そういう姿勢を貫く病院に、きちんと医師が集まるというのも嬉しい。

医師不足を解消する魔法のひとつは、もしかしたら、「お医者さんもふつうの人間だ」って、思い出すことなのかもしれません。

お金はそりゃあ欲しいけど、お金だけじゃ動かない。やりがいがなけりゃ、続けてらんない。一生のキャリアとして誇れる職種ではあるけれど、過度のリスクを背負いたくはない。残業はしょうがないけど、だからといって滅私奉公なんてしたくない。

・・・そりゃ、誰だってそうですよね。


●おもしろい(笑)

大名の婚礼道具・古酒…官公庁ネット公売、珍品続々

・・・わたしがもしも税金を滞納して、代物弁済を余儀なくされたら?

あうう、数々の『春抱き』お宝が、ネットで売られてしまうんだろうなあ(涙)。それ以外に、あんまり資産ってないですし。ジュリーの写真集も、孝夫さんの「ハムレット」のパンフレットも、相当の値段がつくと思うけど、でも、でも・・・!

手放したくないので、税金はちゃんと払いましょう♪


●が~ん

UK interest rates slashed to 3%

ただでさえ空前の円高で、ポンドの価値が目減りしているというのに、とうとう金利も3%まで下がってしまいました(爆)。それも、一気に1.5%下がるという、かなりのショック療法。

去年の今ごろはまだ、政策金利はその倍近くあったのに・・・それだけ、経済の停滞ぶりをイングランド銀行が懸念している、ということなんでしょう。ポンドでお給料をもらい、ポンドで預金をしているわたしには、これ以上ないくらい、ありがたくないニュースですね(苦笑)。

デフレ・スパイラルに、陥っているのでなければいいんですが。







●・・・わかるし(爆)

なんという、恐ろしい本(苦笑)。

goo注目ワード ピックアップ・・・おばさん未満

おばさん未満おばさん未満
(2008/09)
酒井 順子

商品詳細を見る

まあこの人は、この手の話題で儲けてる人なんですけどね。

でも、真実をついてるかも。自分自身、十分にオバサン年代なので、自分を棚に上げるつもりは毛頭ないです。ないけど、でも日本に戻ってきてよく感じるのは、「若いお嬢さんのつもり(そういう格好をしている)オバサンが多すぎる」です。(ヒドイ表現でごめんなさい!)

髪もお化粧もキレイにしてて、ファッションもスタイルも気をつかっていて、でもでも、その顔には(申し訳ないけど)若さはなく、服装との微妙なズレを感じる女性を、この近辺でよく見かけます。大手町にも、たくさんいます。

ポイントは、「微妙な」ズレ、という点。

明らかに似合わないのならば、「無理な若作り」でおしまいですが、なんというか・・・彼女たちは、キレイなんです。小ぎれい、かな。お洒落だし、似合ってないわけじゃない。すらりとしてて、スカートから覗く脚もほっそり。ええ、ものすご~く羨ましいですよ?(笑)

でも、それでも、若いお嬢さんのようなファッションと、顔(というか肌)に現れる年齢(どう見ても30代、40代)との間に、埋められない溝を感じてしまうのですね。

ご本人はたぶん、毎日見ている自分の姿なので、気がつかないのかもしれません。10年前、20年前と同じ体型を必死で維持し、流行のファッションに身を包み、顔だってね、シワやしみがあるわけじゃないから。

そしてそれ以上に、「年齢相応」のファッションというものが、恐ろしくダサい、ええ、オバサン臭いのを知っているから・・・ではないかなあ?

(ここで言う「年齢相応」って、たぶんひと昔前の、自分の母親の世代がイメージなんですよね。そしてそのイメージってのが、果てしなく「かっこよくない」のだと思います。あんな風になりたくない、わたしは違う、まだまだイマドキの若い娘でいられる・・・って、意識的、無意識的に思うのでは。)

いつから、中年?いつから、中年?
(2008/02/26)
酒井 順子

商品詳細を見る

ねえ、いつから中年なんでしょうね?(苦笑)

年齢の感覚がどんどんずれてきて、今じゃ「30歳になったから、そろそろ本腰入れて結婚相手を探すか」、みたいな考えの人も珍しくないですよね。うちの親の世代ならば、30歳といえばもう、中年の範疇だったと思います。

じゃあ、イマドキは40歳くらいで中年?(笑)

人生折り返し地点なので、それもありかと思うのですが、でも、そんなこと今の職場(出向先)で言おうものなら、あっという間に嫌われるだろうな。。。

じゃあ、結婚したら? 子供ができたら? 子供が学校に行き始めたら?

そのどれも、正答じゃない気がします。というか、今の世の中、正答がないのかもしれません(笑)。社会的な約束事、常識としての感覚が、崩壊しているのだと思います。

「結婚したいときが適齢期」

っていうくらいだから、たぶん今は、「自分が中年だって自覚したら中年」なのかも?(笑)

【07/11/2008 17:09】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。