ロンドンは懐かしくてせつない

●TBのお題から

「目標のキャラクター」

えっと・・・目標といえば、あこがれのマグナムさま?(爆)

magnum feb 2008 4

おかしいかしら。。。

(懐かしい写真ですね~。)


●ダメダメダメ(笑)

まあ、ありがちなことなんですが・・・(笑)。

1年ちょっとぶりにロンドン・オフィスに顔を出したら、なぜか玄関の電子セキュリティ・システムが「作動しなかった」。

・・・どういうことかというと、身分証明とICカードを兼ねた写真入りの入館パスは、たしか3ヶ月だか半年だか使用されない場合、自動的に無効になるはずなのです。なのに、1年ぶりに使うわたしのカードがちゃんと認証されたってのは、嬉しいことなんでしょうか?(笑)

「あれ? 通っていいんだ?」

すんなり通過できて、逆に驚いちゃった。鉄壁のセキュリティ、大丈夫か~?

それから、

「ふっ、アタシも焼きが回ったぜ」

と思ってしまったダメダメは、折りたたみ傘も手袋も、日本から持ってくるのを忘れたこと(笑)。

ロンドンの寒さも、冬が雨がちなこともよ~く知ってるくせに、のほほんと手ぶらで現れたわたしって、さんさんとお日様が降り注ぐ湘南の冬に馴染みすぎてるんでしょうね。

(もっともオフィスで私物ボックスをひっくり返したら、ちゃんと置き傘も冬物の衣類も出てきました。・・・それも、どうかって思いますけど。)

それから、ホテルの水回り!(笑)

イギリスはもともとシャワーやトイレまわりのインフラ充実度が、(いやしくも先進国にはあり得ないくらい)問題アリですが、さすがに近年は、そのあたり改善されてきたんですけどねえ。。。

でも、今回のホテルもそこはイマイチ。

弱くむらのある水流とか、水はけの悪さとか、ご存知の方なら「ああ、イギリスだもんねえ」なんて肩をすくめちゃうことなんですが、21世紀だよ、もう(笑)。

いくら時代遅れのインフラとはいっても、☆4つもあるそれなりの格式のホテルでこれって、日本でもアメリカでも(もっというとオランダやドイツでも)、あり得ないよなあ・・・(笑)。


●ところで

happy birthday iwakisan 2010

せっかくつくったのに、昨日アップするの忘れちゃった(笑)。

岩城さんのお誕生日に際して、いくつかお便りなどいただいたのですが、その中に、

「(次のお茶会で)岩城さんのBDをお祝いしましょうね!」

という言葉がありました。

その文字を、どういうわけかうっかり「ED」と読み違え、思わずお茶を噴き出しそうになったわたしって・・・(爆)。

いやいやいや、それは絶対にないだろう(爆)。

(ダンナだってそれはないと断言しちゃいますが、岩城さんに限っては、ダンナよりも更にあり得ないと思う!)

っていうか、普通それは祝わないって・・・(汗)。


【28/01/2010 12:23】 London Life | Comments (0)

そろそろ帰国です(追記あり)

●お引越し休暇?

いや、休暇と呼んでいいような、そんな悠長なもんじゃなかったけど・・・?(笑)

それはともかく、2ヶ月ぶりのロンドン滞在もそろそろ終わりです。2008年も残すところあとわずかですが、お正月になんとか間に合うように、帰国できそうな感じです。

やり残したこと、やりたかったことはまだ山ほどありますが、わたしも小鳥さんも、今回はもう疲労度マックス状態で、アップアップです(苦笑)。よくばってもしんどいばかりなので、「また来ればいいさ」と言い交わして、淡々と帰途に着く準備をすすめています(笑)。


●というわけで

また後ほど、書きに来られるといいのですが・・・!





☆追記です☆

それにしても、この10日ほどのロンドンはほとんど晴れていました。

いや、厳密には曇り空だったり、雨がちらついたりするときもあったんですが、基本的にはずっとドライ(=雨が降っていない状態)な日々。この時期のイギリスとしては、まずまずではないか、と思います。(強力な雨女が同行してることを考えれば、恵まれていたのではないかと。)

だけど、でも、寒い~!(笑)

冬のロンドンにはとっくに慣れているはずのわたしですが、でもなんだか、この数日の真昼間のお散歩では、あまりの寒さにふるふるしていました(苦笑)。わたしがそうなんだから、まして寒がりの小鳥さんたるや・・・という感じです。

せっかく晴れているんだから、せめて街中の散歩ぐらい・・・と思って毎日、一応出かけてはみるものの、底冷えのする寒さにあっさり完敗して、そそくさとホテルに戻ってくる始末です。ホントにそれだけ寒いのか、単にわたしたちが軟弱なのか、そのあたりは微妙ですが。。。

でも、寒いもんは寒いんだも~ん。

今は早く日本に帰って、ぬくぬくと過ごしたいものです(笑)。・・・でも、日本でも厳しい寒波がやって来てるそうですので、安穏とはしていられないのかなあ。


●ロンドンの

クリスマスの写真を少し。

london dec 2008 8  london dec 2008 9

あやや、これは全然クリスマスじゃないですね(苦笑)。ご存知、ロンドン名物のタワー・ブリッジ(通称エレナ姫)と、ロンドン塔でございます。どちらも、シティ周辺の観光の目玉なんですが、なんだかものすご~く寒々とした写真ですね。

うちのご近所・・・だったんですが、もうそんな自慢はできないなあ。

london dec 2008 10

で、これはみなさまが何度も目にしている、わたしのフラットのバルコニーからのシティ風景です(笑)。この写真は、引越し完了の3日ほど前に撮影したもの。これが、うちから見るマグナムさまの最後の写真になりました。この眺めがもう、自分のものではなくなったって、実はけっこう寂しいです(苦笑)。

london dec 2008 11

で、これもお馴染み?の、バルコニーでタバコを吸う小鳥さんです(笑)。


【28/12/2008 04:16】 London Life | Comments (0)

萌えるロンドン☆クリスマス

●クリスマス・イヴの

朝は、早起きしてバスに乗りました(笑)。

ロンドンの場合、クリスマス当日(25日ですよ、念のため!)と翌日のボクシング・デイは、街中がお休みになってしまうので、24日のうちにお買い物をしないといけないんですよね。

25日から2日間は、それこそ東京の常識から言えば「あり得ない」レベルで、お店もレストランも閉まっちゃうし、バスも地下鉄も動かないし、ホントにど~しようもないんですよ(と、毎年書いているような気が、苦笑)。レスター・スクウェア近辺のお土産もの屋さんとか、チャイナ・タウンあたりは例外ですが、そこまで歩いて行けない場合は、たどり着くのにまず苦労しますし(笑)。

ま、だからクリスマスの2日間は、今年はホテルに篭城です(笑)。PCとたわむれて、せいぜいおしゃべりをして、あとはゴロゴロのんびり過ごすのが目的なので、むろん文句は言いません♪

さて、バスに乗って向かったのは、かのハロッズでございます。

harrods dec 2008 1

朝、少しだけ早かったせいか(といっても開店早々という程度)、道はけっこう空いてました。クリスマス時期のロンドンは、もともと人口がすごく減るので、その意味では当然なのかも。・・・それにしても、なんだかこれ、とてもロンドンに10年も住んでる地元民の写真とは思えないくらい、ものすご~く観光客モードですね(笑)。

で、撮った写真は山ほどあるんですが、今回はまず定番?の、「あ、岩城さんだ!」妄想・変換特集にいたします(笑)。

iwakisan? 2008 1  iwakisan? 2008 2

左は、バーバリーのナイツブリッジ店のディスプレイにあったポスターです。これ(とても大きいです)の前を通りかかった途端、小鳥さんとわたしは思わず足を止めて、

「あ、岩城さん!」

って、同時に叫んでました(笑)。まったく同じところに反応しちゃうので、まあ、それはしょうがないことかもしれません。岩城さんは肩幅もあるし背も高いので、ブリティッシュ・トラッドはさぞかし似合うだろう・・・というのは、わたしの昔からの妄想ではあります(笑)。

あ、もちろん、抱きついてるのは香藤くんですよ☆

で、右の写真ですが・・・あはは~、これはどうよ?(笑)

たまたま通りすがった、ハロッズのペット・グッズ売り場で見かけたディスプレイなんですが、どうしてか、「春抱き」変換レーダーが反応してしまいまして(爆)。細くてきゅっと締まった腰のせいなのか、なんとなく上品で孤独な風情のせいなのか、そのあたりはナゾです(笑)。

iwakisan? 2008 3

こちらはまあ、わりとフツーでしょうか(笑)。ハロッズのディスプレイなんですが、ぜひとも真ん中のファッションを香藤くんに、そして向かって左、黒のスーツを岩城さんに・・・♪

iwakisan? 2008 4

こちらは、スローン・ストリートのドルチェ&ガッバーナ。あんまり写りがよくないですが、このディスプレイ(スーツとインテリア両方合わせて)は、さぶ・・・もとい、F1の岩城さんを連想させました(笑)。イメージ的に、ダニエル・クレイグのジェイムズ・ボンドみたいな感じ?

で、ここから先は、かなり個人的なヤバい妄想です・・・(笑)。

※いつものことですが、たぶんちょっとばかり好き嫌いのある妄想だと思いますので、寛容な心で笑い飛ばせる人だけ見てくださいね♪


【25/12/2008 05:24】 London Life | Comments (0)

ロンドン★ホテル★ライフ

●えっと・・・

戦い済んで日が暮れて・・・じゃなくて、引越しが終わって、ようやくホテルに越してきました。

マジでもう、二人ともへろへろでございます。もともとさして体力のあるほうじゃないので、これはもう、しょうがないかなあ(苦笑)。気力だけは、けっこうあるんですけどね。世間ではもうクリスマスまでカウントダウンですが、ウチ的には、それどころじゃないかも?

また後ほど、追記に来られるといいのですが。。。


【23/12/2008 01:02】 London Life | Comments (0)

いよいよです

●なんだか

こんなにマジメにおうちで片づけ・掃除をしたの、生まれて初めてかも?

というくらい、毎日ホントに捨てまくりました(笑)。いわゆるゴミ捨て用の大きなポリバケツにして、少なくても、一日に6個分くらいは捨てていると思います。捨てて、まとめて、拾って、集めて、整理して、移動して・・・。

「お引越しって、大変・・・」
「あたりまえでしょ?」
「でも、こんなに準備に時間かけたこと、ないよ~」
「・・・そうなのか」

しみじみと疲れてるわたしに、小鳥さんは呆れ気味です。

お引越しに「フツー」があるなんて、思ったこともなかったけど(笑)、彼女から見るとわたしは、しょっちゅう引っ越しているわりに、超がつくほど引越しノウハウに欠けてるらしいです。。。


●ま、そんなわけで

おひっこし? (ジェッツコミックス)おひっこし? (ジェッツコミックス)
(2007/04/27)
山田 ユギ

商品詳細を見る

※BLじゃないけど、とても面白いです♪

本日は、とうとう業者さんがやってきます。荷造りして、家具を梱包して、それから日本に送るものとロンドンで倉庫に送るものを分別して・・・というのを、一日でこなす予定です。

イロイロ修羅場になると思いますが、が、がんばるぞ~。


【22/12/2008 10:52】 London Life | Comments (0)

大掃除☆レポート(ロンドン編)

●ロンドンは

夕焼けが素晴らしく美しかったです・・・ええ、到着した日は(笑)。

でもその翌朝は、どんよりとひどく曇っていて、しのつく雨もちらほら。ああ、ロンドンの12月だよなあ、という感じでしょうか(笑)。

「明日の朝は午前7時に、リビングに集合!」

と威勢のいい号令をかけて、すっかり身も心もお掃除隊長になりきっていた小鳥さんは、実はちょっと風邪気味(飛行機の中が妙に寒かったので)。寝る前にお薬を飲んだのが災い(幸い?)して、9時過ぎまで、まったく起きて来ませんでした・・・(笑)。

まあ、それはともかく!(笑)

いろいろとハプニングはあったものの、順調に引越し準備(という名の大掃除)を進めています。あ・・・順調だと思っているのはわたしだけで、小鳥さんのほうは、すでに半日のロスがあったと焦っているようですが(苦笑)。(だって性格の差だけは、如何ともしがたいですもの。・・・彼女、すっごいせっかちで捨て魔なんだよ~。)

それにしても、一日だけですでに、60リッターのゴミ袋にして5つ分の「要らないもの」を発掘しました(苦笑)。心を鬼にして捨てた(半ば強制的に捨てさせられた)お洋服やハンドバッグが中心ですが、それにしても、それだけ大量の不要品と暮らしていたのかと思うと、複雑ですね。。。

「要る? 本当に要るのか? 何年もう使ってないんだ? ほら、要らないだろう?」

って、巨大なポリ袋を抱えて仁王立ちの小鳥さんに、ニコリともせずにたたみかけるように言われたら、なんだか恐ろしくて、そうそう逆らえるものじゃないです(苦笑)。本当に、そういう点では容赦ないんですよねえ。もっとも、「捨てられないタイプ」の人間にとっては、優柔不断を許さない彼女みたいなタイプは、必要悪なのかもしれませんが。

なので、一度も手を通していないスーツやブラウスも、もう着そうにないという理由で、ずいぶん処分しちゃいました。もったいないと言えばそうですが、でもチャリティ・ショップに持っていく時間も余裕もないので、しょうがないです(苦笑)。

「え~、でも、もったいないじゃん~」
「ダメ。要らないでしょ?」
「でもほら、まだキレイだし・・・」
「要らないでしょ?」
「だけどさあ、すごい高かったんだよ~」
「へえ、それで?」
「・・・いつかまた流行って、着る機会があるかもしれないよ・・・」
「ほお、それは何時のこと?」

・・・あぐぐ~(爆)。

「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
(2001/04)
飯田 久恵

商品詳細を見る

あはは、こんな本があるんですねえ(笑)。

(ところでわたしは、自他共に認める捨てられない女ですが、片づけられない女ではないと、自分では思っています。とにかくモノを溜め込むタイプですが、きちんと整理整頓はできるんですよね~。それがいいのか悪いのか、よくわかりません。。。)

ガラクタを捨てて、スッキリ暮らす―もしものとき、あなたのモノは誰が片づけますかガラクタを捨てて、スッキリ暮らす―もしものとき、あなたのモノは誰が片づけますか
(2007/12)
飯田 久恵

商品詳細を見る

・・・わたしの場合は、すでに専属の捨て魔を見つけたってことかな・・・(笑)。


【20/12/2008 00:44】 London Life | Comments (0)

Back in London

●お引越しの

荷造り、というか下準備に追われています(苦笑)。

キッパリ捨てるもの、日本に送ってもらうもの、イギリスに置いて行くものを、地道に振り分けているんですね。けっこう時間がかかるので、なかなかネットで遊ぶヒマもありませんが、今はガマン我慢・・・!

それでは、またね♪


【19/12/2008 02:02】 London Life | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。