あったほうがいいじゃない?

う~・・・。

最近「小説の書き方」について聞かれることが、とみに多いです。いや、マジで。

自慢じゃないけど、そ、そんなもの、教えられるような立場にいないと思うんですけど・・・。

でも、アレですね(笑)。書き方、なんておこがましいものじゃなくて、「テク」の話なら、ちょっとはできるかもしれません。

もの書きの素質・文章のセンスは天賦の才だけど、その素質やセンスを上手に生かして、より効果的に表現するにはテクニックが要る・・・というのが、わたしの持論です。

天賦の才は、神様からの賜りものです。人に教わったり、努力して習得したりするものじゃ、ないけれど。テクはね、勉強して上達することができますから(笑)。

そう、テクはあったほうがいい♪

・・・というわけで、ちょっとだけ、小説を書く上で基本中の基本となるテクを、ご紹介します。テクっていうより、あまりに基礎的すぎて、むしろ「常識」の範疇かもしれません(苦笑)。




●文体の基礎の基礎

あんまり基本すぎて涙が出ますが、まずは、「ですます」「だ・である」を混在させるのはやめましょう(笑)。どういう文体を使うかは、もちろん個人の自由です。でも統一されていないものは、とっても見苦しいです。

●助詞のイロハ

「てにをは」は、正しく使いましょう。小学生の文法です。

もっとも、「正しく」はさておき、これを「効果的に」使うのは、案外難しいです(笑)。

/例1/
岩城さんが、俺を見つけてふわりと笑った。
岩城さんは、俺を見つけてふわりと笑った。

どっちも正しい用法ですけど。でも、「が」と「は」を入れ替えるだけで、ずいぶんニュアンスが変わりますよね。これ、正しく使い分けないと妙なことになります(笑)。

/例2/
深紅の薔薇のような、美しい人。
深紅の薔薇のように、美しい人。

助詞っていうより、これは形容詞(上)と副詞(下)の使い分けですね~。上の例では「深紅の薔薇のような」は「人」を修飾してます。下の例文では、「深紅の薔薇のように」という喩えは、「美しい」にかかってるんですね。

どっちもアリですので、時と場合によって使い分ければいいんですね。

●主語のヒミツ

/例/
岩城さんにぐいっと手を引かれて、俺たちはその部屋に入った。

さて、この文章は間違ってます(笑)。意味は通じるのでさらっと読んじゃうかもしれませんが、よ~く見ると、前半の文章の主語は「俺」(=香藤くん)、後半の主語は(書いてあるとおり)「俺たち」ですよね。

ひとつの文章の中で、こういう風に主語が変わるときは、主語はそれぞれ明記しないといけません。いや、このくらい簡単な文章なら、まあ、わかるかもしれませんけど。長い文章、難解な文章のときは、読者の混乱のもとになります。

じゃあ、上記の文章をどう訂正したらいいのか?・・・っていうと。答えはカンタン♪ 「たち」を削除すればいいんです。手を引かれて歩くわけだから、ふたり一緒にいるのはわかりますよね。だから、「俺たち」って言わなくても、「俺」で十分意味は通じるはずです(笑)。

これに限らず、春抱きSSを読んでいると、作者だけが動作の主体(=主語)をわかった気になってるのって、けっこう目についちゃいます。これはわたしが、主語を明記しないと文章が成立しない!英語で暮らしてるせいかも、しれません。

内容からみて、誰が主体なのか想像できるSSもありますけど、わからない場合も案外あります・・・。主語が香藤くんから岩城さんに移行してるのに、そう書いてなくって、「おいおい、これじゃあ喘いでるのは香藤くんみたいだよ~!」と、無駄にあせることもあります(笑)。

主語抜きは日本語の特徴ですが、やりすぎると、不明瞭な小説になっちゃう。それは、困りますよね。

※なんだか長いので(爆)、あとは続きを・・・。


【23/08/2006 15:10】 字書きの心得 | Comments (0)

ほもえろ字書きのこだわり その1

六本木の高層ビルが、雨にけぶって薄ぼんやりと見えます。

怠惰な土曜日の午後。PCの前でだらだら~と過ごしています。よく考えたら、ロンドンでも(時間があるときは)そうでした(笑)。こういう時間を至福だと考えてしまうあたり、やっぱり、はまってるよなあ・・・。

さて、はなはだ僭越だとは思うのですが。最近いただくメールに多いのが、小説の書き方に関するご質問です。副業として、マイナーな月刊誌にエッセイを連載してるだけのヘボ字書きに、そんなことを聞かれても・・・って感じですが。でも、わたしの独断と偏見に満ちたこだわりを聞いていただけるのなら、それもいいかな、と思う次第です。




そんなわけで、本日のお題は、お話をつくるコツです。

もちろん一般論ですけど、わたしの脳内では春抱き小説を書く、というのが前提になってます(笑)。


●何を書きたいの?

ふと小説を書こう、と思うきっかけはさまざまですよね。ひとつの場面、台詞、着せたい(脱がせたい)服、行かせたい場所。そういうアイテムが、まずはお話の中心に座るわけですが、問題はその後です。

●プロットなんてコワくない

仮に、「岩城さんにこの台詞を言わせたい」と思いついたとします。それだけではもちろんお話にならないので、今度はなぜそれを言うのか、どういうシチュエーションで言うのか、誰に対して言うのか、どうしたって考えますよね。(実際には、思いついた場面・会話だけ先に書いちゃってもOK。)

それを膨らませて、その台詞(を含めた会話)の前後のシチュを考えます。きっかけがあって、その台詞があって、その効果(結果)がある。・・・と、ここまで漠然と考えたら、それはもう立派に!プロットなんです(笑)。そう、小説の筋立て。おお~v

そう、プロットって、全場面あらかじめプランニングするって意味じゃないんです。そんなの、わたしできません(笑)。

そして、そうやって生まれたプロットは、多くの場合、自然に起・承・転・結になってるハズ、なんです。(もちろん場合によって、起と承がひとつにくっついてたり、転が倒置されて先に来たり、バリエーションはいろいろですが。)

長いので、続きは折りたたみますね。

【29/04/2006 15:31】 字書きの心得 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。