三月だから

●さて

三月です。

弥生です。

今年も残すところ、あと10か月になりました。

ふう。

早いねえ。

ホントに早い。



今年はも早いそうですね。

そういえば去年も、ずいぶんと早かったけど。



この週末明けのわたしは絶不調である。

なぜかは知らない。

熱もないのに寒く感じたり、ふらっとしたり。

そういえば健康診断の結果、貧血うたがいって書いてあったなあ。

それかなあ。

関係ない?

コロナか。

いや、むしろ更年期か。

(^~^;)

気圧の変化で頭痛は、まれによくある(笑)。

でも、それ以外ではあんまり。

総合的に運動不足。

それはまちがいないけど。

うにゅ。

とりあえずは寝よう。

来週は大学病院に行くので、主治医に聞いてみよう。

そうしよっと。







●おばちゃんになると

涙もろくなりますよね。

ホント、意外なところでうっかり。

(^~^;)

東日本大震災から10年で、いろいろ報道がありますよね。

ドキュメンタリー番組とか、特集記事とか。

そういうのを見てると、なんか来る。

来ちゃう。

さりげない希望の話でも、涙腺が崩壊したりする。

あぐぐ。

この、感情がゆさぶられる感じ。

被災してなくても、思い出すだけでこれだ。

実際にひどい目にあった方々は、いかばかりか。

ねえ。



では、またね。。。


【01/03/2021 23:58】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

幻の桜姫

●今日は

お能の 「船弁慶」(テレビ) を見た。

おもしろかった。

お能には独特の神秘性というか、決然とした品格がある。

その空気感は好き。

でも、きっとわたしなんぞには、半分も理解できていない。

・・・と思う。

(^~^;)

もうちょっと勉強したほうがいいんだろうけど。



庶民むけの娯楽だった歌舞伎のほうが、はるかに気楽です。

歌舞伎はね、純粋におもしろい。

ただ楽しめばいい。

大衆のためのエンターテインメント。

大正義。

(´艸`*)



問題は、四月の公演です。

孝夫ちゃんと玉さまの 『桜姫東文章』 ときけば、平静ではいられません。

なんてことだ。

なんてことだ。

もう二度と、生きて見られることはないと思ってました。

今ここで、もう一度、上演があるのか。

涙が出そう。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

若き日のわたしはこれで歌舞伎にはまった、んじゃないかなあ。

(他にもいろいろあるので、ひとつの演目に特定できない。)

孝夫ちゃんと玉さまの全盛期、に近かったと思う。

たぶん。

チケットが手に入るなら見たい。

もちろん見たいです。

一抹の不安はないではないけど、それでも。







●これは

個人的な感覚なんですけど。

前も書いたかも。

わたしは、無理心中ということばが好きではない。

無理、というのは強制という意味だ。

つまり、亡くなった人間の誰かは一緒に死ぬことに同意していない。

それ、心中じゃないよね。

事情があるにせよ、ただの殺人ですよね。

心中というからには、亡くなった人すべてがその死に同意していなくては成立しない。

殺人者が後を追って、自ら命を絶ったとしても。

(自殺の是非については、ここでは置いておきます。)

多くの場合、背景には悲惨な現実がある。

自宅での介護に限界を感じたとか。

経済的に困窮して行く先を悲観したとか。

ものすごく深刻な、抜き差しならない事情があるのだろうとは思います。

でも、それでも。

特に、こどもの命を親が奪うかたちでの無理心中は、だめでしょう。

許せないと思ってしまう。



先日、ちいさなこどもが三人も亡くなりました。

殺されたらしい、というべきか。

その犯人は親ではないかといわれています。

(命はとりとめたようだ。)

報道は断片的なので、何が背景にあるかは知りません。

でも、心中とか未遂とかいってもらいたくない、よね。

殺人は殺人です。

きっちりお裁きを。

自分の子を手にかける権利なぞ、親にあるはずがない。

こどもの命を親のものだと思うやつは、いますぐシニタエロ。

そんぐらい、腹が立ってしまった。

「残していくこどもが不憫で・・・」

とかいう事情が、もしかしてあったとしても。

江戸時代以前ならいざ知らず、今は通用しない。

駄目でしょう。

こどもにはこどもの命があり、人生がある。

勝手に行く末を決めてはいけない。

未来をつみ取ってはいけない。

それはだめ。



では、またね。。。


【28/02/2021 23:18】 歌舞伎2013~ | CM (-)

グチかも。

●今日は

体調が悪くて、ぐったり。

何にもせずにへろりんとしてました。

あかん。

(^~^;)



両親に電話をすると、

「今日はね、駅ビルの上で、海鮮ちらし寿司を食べてきたのー」

だそうな。

なんとも楽しそうに。

わお。

80すぎの高齢者のほうが、わたしよりよっぽど元気なのだね。

わが身がなさけない。

(^~^;)



でも、いいことだと思います。

ささやかな気分転換、できるときにしてほしい。

できる範囲で楽しんでほしい。

コロナの一年で、両親は (高齢者は) 楽しみをたくさん奪われている。

旅行も、お芝居も、コンサートも。

趣味の会の集まりも、地元の行事も。

好きなこと、やりたいことはみんなお預け。

みんなキャンセル。

孫たちにも、親戚にもほぼ会えない。

(孫たちのほうがむしろ、おっかなくて祖父母に会えないんだと思うけど。)

地元での買い物や散歩ぐらいしか、ホント、出かけなくなった。

ジムにも行かなくなって、父なんかは特に足腰が弱った。



たぶんね、なんというか。

コロナが怖い、というだけじゃないと思うの。

感染そのものを恐れるというより、もうね、世間の空気がね。

のほほんとのん気に、楽しく日常をすごせなくなってますよね。

あれこれ中止だ、延期だ、自粛だって。

いろいろ我慢をしいられて、端からたのしみを奪われて。

まるで楽しいことをしちゃ悪いみたいな、そんな雰囲気すらある。

ない?

そういうのを見てると、滅入っちゃうんだろうな。

心底うんざりするんだろうな。

冗談じゃなくて、高齢者にとっては、来年があるとは限らない。

(むしろ巣ごもりのせいで、寿命をちぢめる人もいますよね?)

「今はがまん!」

「この次にして!」

といわれることが、しんどいと思うひとも多い。

心と身体と、どっちも健やかでいてほしい。

ちょっとした外食は、そのために必要だろうなと思います。

(^~^;)



政治家も、専門家のおえらい先生も。

(もちろん、マスコミも。)

みんなそこそこ高齢者なんだから、高齢者の気持ちぐらいわかってるよね?

わかっていいはずよね。

メッセージを出すなら、もうちょっと配慮してもいいんじゃないかなあ。

たしかに高齢者は重症化しやすく、死に至る確率も高い。

命を守れというスローガンは、間違ってはいない。

(もっともコロナの死者は、例年のインフルエンザの死者よりも少ない。)

今のままじゃ、あんまりにも委縮して怖がって、何もかも犠牲にしすぎでは?

ビビらせて行動を抑制する、そればかりが主眼になってはいないか。

健康だったはずのひとが、フレイルになりはしないか。

んね。

ま、リスク回避思想だよね。

専門家も政治家も、とりあえずうちにいろ、といえば批判はされない。

「感染予防をしながら外出をしてもいいんだよ」

なんて高齢者に向けていったら、何かが起きたときにひどい目に遭うから。

(医師会のプレッシャーもすごいし。)

もうね。

ホント、ころなしね。



では、またね。。。



【27/02/2021 23:53】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

降雨祈願

●さて、

眠い。

(^~^;)

すんごく眠い。

視界がかすれているのは、花粉のせいか。

ながーい時間、眼を酷使しているからか。

あぐぐ。







●そういえば

小鳥さんがいってました。

池袋のでっかいスクリーンで、『ボヘミアン・ラプソディ』 上映中だって。

おお。

あの新しい映画館、行きたかったのよね。

あそこでぼへ、見られるのかー。

いいぞー。

(//∇//)

と思ったら、うん?

上映時間がちょっとばっかり遅い。

※小鳥さんにとって、という意味。

いや、わかってるんです(笑)。

17時ちょっとからスタートって、別に遅くない。

むしろ終わったらちょうど、ご飯できるねってタイミング。

でも、小鳥さんには扶養家族がいてさ。

どうしても夕食時に、おうちにいたいのよ。

彼女が。

そう猫がねだるからじゃなくて、小鳥さんの願望(笑)。

猫ちゃんと離れたくない、ってことね。

猫ちゃん自身はしれっと、というかたぶん気づきもしない?

かもしれません。

でも、人間のほうが無理。

・・・なのだそうです。

この場合、甘えんぼは誰でしょう。

(´艸`*)







●そういえば

気になるのが、足利の山火事です。

関東はずっとカラッカラ。

乾燥しすぎて、もう笑えない。

乞いの祭りが必要なレベル。

少なくとも来週半ばまで、の可能性はない。

(((((((;´д`)))))))

早く鎮火しますように。



なんとなく思うけど、ね。

想像にすぎませんが、自然発火の可能性は低い。

誰かがタバコのポイ捨てをしたか、焚火をちゃんと始末しなかったか。

そういうことじゃないかと思います。

もしかしたら自分かもしれない、って。

どこかで、誰にもいえずに悶々としてる人がいるんだろうな。

震えてねむれ。

いや、やすやすと寝てはならぬ、か。







●では、

またね。。。


【26/02/2021 23:48】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。