そうじゃない、そこじゃない

●これは

ちょっと面白いなって思いました。

婦人服とポケット問題。

「なぜ女性服にはポケットがないのか」 海外のムーブメントを追う

昔から、思ってたのよねポケット。

どうして女性の服にはポケットがないのか。

あっても、小さくてほとんど飾りだったり。

(ハンカチも入らない!的な。)

あるいは同等の紳士服と比べると、ポケットの数が少なかったりね。

「そういうもんだ」 とは思ってた。

思ってけど、それでもなお、ポケットほしかったなあ。

通常よくいわれるのはやっぱり、

「女性はハンドバッグを持ち歩くから(ポケットは不要)」

「女性服の生地はうすくて華奢で、ポケットがあると重たい(型崩れする)から」

なんですけど、でも。

型崩れとはたぶん無縁のジャケットやコート、デニムなんかでも

「なにこの使えないポケット・・・」

問題は、わりと起きますよね。

(^~^;)

個人的には、とくに夏が問題です。

冬はいろいろ着込むから、どっかにポケットがあるからいい。

夏はね、そうはいかない。

ぴらっと一枚しか着なかったりするじゃない?

バッグやリュックを持ってない、オフィスでちょっとコンビニまでとか。

そういうときに困るのは、あるあるじゃないかなあ。

スマホ、セキュリティパス、小銭入れ、場合によってはSuica。

それに予備のマスクと、携帯用ウェットティッシュ。

あら。

思ったよりも多いかも?

ポケットがいくつあっても足りないか、これじゃ(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ






●大谷くん

いうまでもなく、話題になったアレ。

ベーブ・ルース以来の二桁勝利、二桁ホームラン。

100年以上も前の記録と比べる意義について、いろいろ意見はあるでしょう。

その記録に並ぶって、いったいすごいのかすごくないのか。

(アメリカ的には相手は神様ですので、まあ、神話に挑戦みたいな?)

これまで大勢の選手が挑んでも達成できなかった記録・・・では、ないしなあ。

微妙って思うひともいるかもね。



が、ポイントはそこじゃない。

そこじゃないのです。

すぱーすたー大谷翔平スゴイ病、という変な病にかかってる(日本の)記者が多すぎない?

いや、ちょっとちがうな。

大谷翔平がスゴイと、おっさんたちがとにかく狂喜乱舞する病?

アメリカのレジェンドに並ぶ記録を、日本人が、現代の野球でなし遂げること。

(ひょっとして、アメリカ人の鼻を明かすこと?)

そういうとこに、固執しすぎてない?

あう。

―――このザラつく違和感、どういえばいいの?



偉業、偉業って、いったいなんだよ。

たしかに大谷くんはスゴイ選手だし、記録自体は偉業と称えていい。

そこに異存はない。

(もしかすると珍記録寄りかもしれないけど。)

でも、おかしかったよねマスコミ。

投手として 「あと1勝」 に迫ってから、彼は何度も勝ちを逃した。

味方の援護に恵まれなかったときもあれば、自滅したときもあった。

(彼の場合は自分自身が強打者だから、援護がないって言いづらいけど。)

スポーツメディアは毎回、彼が登板するたびに、

「ついに偉業なるか!? 大谷が今日登板」

―――って大騒ぎ。

「ついに偉業達成へ!」 「出るか第〇号ホームラン!?」

ってさ、何回おなじヘッドラインで煽った???

もうね、本当にひどかった。

ただのCMだとしても、見るのも嫌だった。

安易で、あさましい。

記録を持ち上げすぎだし、期待しすぎじゃなかったでしょうか。

ねえ。



しつこいですが、大谷翔平くんはすごい。

大ファンだし、わたしが人生で見たもっともすぐれた野球選手じゃないかと思う。

それはいうまでもない。

日本ハムでがんばってた20歳のころから、応援してましたからねえ。

単にかわいい、というのもある(笑)。

だが、しかし。

彼のいいところは、従来の物差しで測れないところです。

規格外。

これまでの野球の常識が通用しない。

存在しているだけである意味 奇跡 であり、まばゆい 未来 でもある。

羽生善治が攻め寄せる将棋星人と戦う地球代表なら、野球星人と戦う地球代表は大谷くんじゃ?

・・・うは。

※古い2ちゃんねるネタです。



それなのにマスコミは、既存の「スゴイ」の枠に無理やり当てはめようとする。

野球の神様ベーブ・ルースに並んだから、スゴイんじゃない。

アメリカ人が度肝を抜くからスゴイんじゃない。

そもそも100年前のおっさんの記録に、どんだけ意味があるんだよ。

※ベーブをバカにしてるわけじゃないです。

過去の誰に並んだとか、誰を超えたとか。

何勝したとか、何本打ったとか。

彼はそういうのを目指していない。

ちゃんと世界で評価されながらも、誰もが想像もつかないことをやってる。

おそろしく自由で、破格だ。

そういう物差しで測れないところに、彼の魅力があるの。

なんでわからないんだよー。

「ベーブの記録に並んだ! すごい! 偉業! 偉業!!」

騒ぐマスコミに、彼が冷ややかだったのは当然です。

誰かの記録を抜きたくて野球をやってるんじゃないよ、あのひと。

昔の誰かという既存の物差しに、さして興味があるとは思えません。

自分の限界を見たいんだと思うの。

今、ここで、誰よりもうまい選手になりたいんだと思う。

(^~^;)

評価は未来の人間がする。

わからないなら、黙ってみてろ。

刮目せよ、それだけ。



はい、またしても暴走しました(汗)。

あは。

では、またね。。。


【14/08/2022 23:39】 スポーツ | CM (-)

左ききの日

●ところで

左ききのわたしも、知らなかったけど(笑)。

今日は国際左利きの日、なんだそうです。


「左利きの日(8月13日)」にちなんで、今日は“左利き”についてのお話

日本左利き協会 公式サイト


マイノリティとして、いちばん実感があるのがコレかもなあ。

別に、困ってはいない。

だけど日常のあちこちに、不便が転がっている(笑)。

自動改札、はい、使いにくいです。

とっくに慣れてますけど、慣れで麻痺してはいますけど。

「こっちにあってくれたらやりやすいんだけど、なんであっち側なんだ」

とは、長年ずーーーーっと思ってます。

同じくらい、慣れちゃって麻痺してるのはカメラかなあ。

シャッターやダイヤルの位置とかね、ホントは逆なら使いやすいって思う。

ハサミも包丁も、とっくに慣れちゃった。

コロナ関係でいうと、飲食店のアクリル板パーテーションの位置。

左ききにはおかしな場所に、設置してあることが多い。



もっともっと、小さなことはいっぱいです。

折りたたみ傘をたたみ、くるくるとまとめてバンドで止める、その方向が変。

わたしがくるくるとひだを折りたたむと、99%の確率でバンド先のスナップボタンが裏返しです。

つまり、とめられない。

「ん?」

あ、巻く方向が逆だったのか。

慣れてよさそうなもんですが、こういう動作って無意識でしょう?

いちいち見てないというか、電車やバスの中でくるくると勝手に手が動く。

で、毎回まきなおすわけですよ。

反対方向むきって、わたしにとっては非常に不自然な動作。

ああイライラする(笑)。

洗濯洗剤や柔軟剤のボトル。

注ぎやすいように、プラ容器のクチに切れ込みがありますよね。

あれが、逆なんだ(笑)。

ハンドルの位置と注ぎ口が、左ききにとっては逆になります。

逆手で持てばいい、ですよね?

まあ、そうなんですけど、でもさー。

それをやると、ボトルの正面ラベルは常に見えない。

ええ、商品名や花なんかの模様がデザイン印刷されているアレ。

つまり商品の「顔」が向こう側にいってしまうわけですが、なんかね。

「この商品は、わたしのような左ききのことなんか、考えてないんだなあ」

という、なんともわびしい気持ちになります。

一種の疎外感、かもしれない(笑)。

それから、およそ世の中のほぼすべてのバッグ、とくにショルダーバッグ。

これは必ずしも左ききだけの問題じゃない、かも?

肩にかけると、ファスナー開閉の位置が逆になる。

内ポケットの位置も逆サイ、奇妙なことになる。

使いにくい。

なんでそっちから開けるんだよ、ふつう逆でしょ?

・・・内心そう悪態をつきますが、いや、ちょっと待て。

それを使いにくい、逆だと感じるのは、左ききだからかもしれない。

みんなが不便に思うなら、そういうつくりのバッグは存在しないはずだから。

ヾ(´▽`;)ゝ

ま、こんなのは氷山の一角です。

パスケースから急須、家具や家電に至るまで、不便なものは山ほどある。

9割は生活してれば慣れますが、なんでそうなんだ、とは常に思う。

別にね、左ききが虐げられてるとは思ってないのよ。

意地悪されてるわけじゃない(笑)。

マイノリティって、こういう立ち位置なんだなあと。

マジョリティに都合のいい社会で、なんとか妥協して生きる。

なんて、しみじみ思うときもある・・・ぐらいです。






台風8号

ひたひたと、近づいてる感がヤダ。

うぐ。

来ないでとは思うけど、まっすぐうちを目指してるようだ。

冗談じゃない。

|||(-_-;)||||||

ボロ家にひとり籠城してると、余計な心配が暴走します。

不思議と、家がこわれる心配ではなくて。

(そうなったらもうね、どうしようもないしね。)

停電とか断水とか、そういう方面ね。

不便になる、通信手段を断たれる。

日常生活が破壊されるとやだなって、そういう感じ。

あぐぐ。



www13aug2022a.jpg

www13aug2022b.jpg

www13aug2022c.jpg



それにしても、お盆休みの真っ最中。

移動するひと、旅に出るひとが多いこの週末に、またなんで。

書き入れ時に期待してたお店や行楽地、宿泊施設も多いだろうに。

コロナ禍なのでもちろん、通常どおりではありえない。

自重するひとも少なくないだろうけど、それでもなあ。

それでも、計画があった人もいっぱいいたはずです。

台風のばか。

(ρ_;)。。。

が激しくなってきました。

どうぞひどいことになりませんように。



では、またね。。。


【13/08/2022 15:41】 気象・自然 | CM (-)

感謝!

●ふだん

不義理をしているにもかかわらず、拍手やお便りをくださったみなさま。

本当に、ほんとうにありがとうございます。

心から感謝しています。

(//∇//)

今さらお誕生日でもないけど、でもさー。

誰かに祝ってもらえるのは幸せです。

バタバタの果てに、今日は(ホントは取得予定だった)有休をキャンセル。

地味に、ひとり自宅で仕事をしてすごしました(笑)。

ま、当然か。

週前半のロスタイムが大きかったから、しょうがない。

もっともお盆の週末は、クライアントからの電話やメールも少ない。

幸い、緊急の案件が飛び込んでくることもなかった。

まあまあ静かな一日でした。

ふう。






●本日の

衝動買いは、これだ。

(また、えらそう!)



mineralume001.jpg



今年は珍しくも、箱買いしてしまったわ。

ヾ(´▽`;)ゝ

甘さけっこう控えめなので、毎日のんでも罪悪感はない・・・かも?






●そして台風

なんかこっちに向かってる。

やだやだ。

直撃コース、笑えません。

すでにかなりのと風と、ときどき雷鳴がすごい。

ぐえ。



www12aug2022a.jpg



どうぞみなさま、ご無事で。

では、またね。。。


【12/08/2022 23:51】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

ご心配を・・・

●思いがけない

事態の連続ですが、それはともかく。

ご心配をおかけしてすみません。

いろいろ気遣ってくださってありがとうございます。

本当に、本当に感謝です。

事態は幸いなことに、すこし快方に向かっています。

ドタバタしてますが、今日ぐらいから平常心を取り戻しつつあります。

ヾ(´▽`;)ゝ

平静というか、冷静さというか。

わーわーきゃーきゃー、ぐーごーぴーぴーだあああー。

―――っていうパニック状態は、永遠に続くわけじゃない。

(^~^;)

どんなに変なことでも、毎日つづけば日常になりますね。

今日、三日ぶりに洗濯をしたとか(笑)。

三日ぶりにちゃんとご飯を食べたとか(笑)。

三日ぶりに、友人たちにメールの返信をしたとか。

ま、そうじゃないともちませんよね。

淡々と、粛々と。

目の前の山積みの問題を、まずはひとつずつ。

全部やろうとしない。

きれいに解決しようとしない。

何でもひとりでがんばろうとしない。

怠惰でテキトーな性根は、別に突然クソ真面目に・・・なんかなりません。

献身的できびきびシャキシャキな見上げた人間に生まれ変わる、わけがねえ。

イイコチャンにはなれませぬ。

ほどほどに、ギリギリ最低限を目指します。






●本日の

画像はこれ!



DSC_5546_copy_768x576msf.jpg

DSC_5557_copy_768x576msf.jpg



地獄の釜のような夏はもちろん、大っ嫌いです。

一生もう二度と夏なんか来ないでいい。

―――それはそうですが、とはいうものの。

数すくない夏の、せめてもの慰めがコレです(笑)。

なんという美味。

なんという快楽でしょう。

♥♥ヾ(* ̄・ ̄*)〃

お茶専門カフェの宇治抹茶かき氷なので、そのへんは本格的です。

最初の写真は、提供されたままの状態。

見えないけど抹茶アイスクリームが乗っています。

いちばん上にはご覧のとおり、抹茶パウダーがたっぷり。

やわらかな苦みと甘みがあって、おいしかった。

次の画像では、基本のかき氷に練乳をたっぷり追加。

そのうえさらに、濃ーく出した抹茶(熱い)をシロップみたいにかけます。

あたりまえですが、ほろほろと氷がとけていきます。

しゅわっと、はかなく。

ビジュアル的にはなかなか素敵です。

(´艸`*)

なお、白玉について。

店によるけど、わたしは断然、白玉は別皿派です。

そんな派閥があるのか(笑)。

つくりたてのほやほやふわふわした(ちょっとぬる温かい)白玉が、ですね。

氷のうえに長時間滞在すると、凍えて固まってしまうでしょう?

凍傷を起こしたみたいなガチガチ、あれがイヤなの(笑)。

せっかくほわっとやーらかいんだから、そのままでいてほしい。

(//∇//)

食べる直前に氷にのっけて、一緒に口に運びます。

うほ。

すき。






●そして

これが最新の衝動買いだ(なぜかえらそう)。

いいよー、これ。



adi001s.jpg



この種の靴の流行りは、正直しらない、わからない。

おばちゃんだって、かわいいシューズはきたい(笑)。

気に入ったから、それでいいよね。

ヾ(´▽`;)ゝ



では、またね。。。


【11/08/2022 23:46】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2022年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。