BAFTA scenes

●三連休の

最後の月曜日。

寒かったなあ。

朝のうちはちらほらと、が舞っていました。

ほええ。

だが、敢然と、わたしたちは行く。

威風堂々、映画館に行く(笑)。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

ずんずん進む。

怯まない。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

ぼへる。

はい、そうです。

雨にも、にも、冷たい風にも負けず。

らりほー。

ボヘミアン・ラプソディ』、さて何度目なのか。

12回は超えてますが、もはやわからない。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



あ。

ちなみに、完売でした。

わたしたちの見た回も、その次の回も。

公開から14週目です。

さすがに、ちょっとスクリーンが減ってきたみたい。

でも、それが逆に 「完売」 を煽ってるように見えます。







●さて、

その 『ボヘミアン・ラプソディ』 ですが。

予想どおり・・・というべきなのかな。

BAFTA(英国アカデミー賞)で、ラミ・マレックが主演男優賞。

もうひとつ、音響賞もとりました。

(〃∇〃)

クイーンの本国。

フレディ・マーキュリーの・・・2つ目の祖国。

もうちょっと、あってもいいかなとも思うけど、わがままですね。

他にもいい映画はあったしね。



まあ、ねー。

ラミの快進撃はうれしい。

それがキャスト全員のものだ、とも思う。

でも、いろいろ雑音がありすぎて、素直にはよろこべない。

でも、喜ばしいのは事実です。

作品賞は、もはや無理なんだろう。

作品の出来ではなく、それ以外の理由で、ダメになるのは悔しい。

ラミがすごいのは、もちろんなんですけど。

それ以外のキャストの素晴らしさを表彰するためにも、本当は作品賞がほしい。

残念です。

(^~^;)

たぶん、オスカーもこんな感じなんだろうな。

うぐ。





























ボヘミアン・ラプソディ』と、らみ。

どこぞの映画賞にノミネートされても、なかなか受賞までいかなかった。

そんな日々が続いた。

それが、ゴールデングローブ賞でガラリと風向きが変わった。

あれを契機に、賞が来るようになった。

不思議というか、皮肉というか。

おもしろいよね。

ゴールデングローブ賞というのは、ハリウッドに駐在する 外国人映画記者 の投票で決まります。

つまりアメリカの賞でありながら、アメリカ人ではない人たちが決めている。

そこが最初に、 ぼへ を評価した。

メジャーな賞をあげてもいい映画でしょ、って。

最初に認めた。

クイーンが、最初に爆発的に売れたのがどういうわけか日本だった、という。

例の話とちょっとかさなります。

(*´∀`*)

さて。

あと10日ほどで、オスカーです。

どうなるでしょうね。







●では、

またね。。。


【12/02/2019 01:20】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

ねこだらけ。

●これは

見たい・・・(笑)。



















ボヘミアン・ラプソディ』 も地味に 「ねこ映画」 だと思うけど。

※ぼへトリビアそのいち。

フレディ・マーキュリーは、大の好きで有名です。

※ぼへトリビアそのに。

残念なことに、ラミ・マレックアレルギー持ち。

だから、を抱いてるシーンとかはない。

上手にをちりばめているので、観客は気づかないかもしれないけど。



(=^・^=)

ねことじいちゃん。

※原作は知りません。

(=^・^=)

こっちはねこ動画の総本山ですね(笑)。

岩合さんが、人間も撮るんだ!?

という驚きもある(笑)。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

これなら、小鳥さんも見てくれるかもなー。

(小鳥さんもわたしも、岩合さんの公式サイトのメルマガ登録してます。ふへ。)

ねことじいちゃん、見てみたいなー。

ぼへ の上映がいつか終わったら。

・・・ですかね(笑)。







●では、

またね。。。


【11/02/2019 08:35】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

焼肉

●三連休の

真ん中の日曜日。

両親と、ちょっとしたお祝いにご飯を食べに行きました。

とある高級焼き肉屋さんです。

(*´∀`*)

一度、焼き肉を食べてみたい。

―――というので、おためしみたいな感じ。

お連れしましょう、といったわたしも、さして詳しくはない(笑)。

でも、たのしかった。

小ぎれいな、おしゃれなお店で、サービスもよかった。

「孤独のグルメとはちがうわね・・・」

母はすっかり気に入ったようです(笑)。

あは。

孤独のグルメ(ドラマ)、両親はわりと好きなのよね。

松重さんが食べてる焼き肉を見て、おいしそうだなあ、とは思うんだそうです。

でも、ああいうお店には入りにくいなあ、とも。

街のおいしいけどディープな焼き肉屋さんは、たしかに、うん。

慣れてないよそ者の老夫婦には、入りにくいでしょうね。

(。・_・`。)



ま、いいか。

たまにはおごちそうもいいものです。

えへ。







●では、

またね。。。


【10/02/2019 23:59】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

雪は降った。

寒いことは

寒い

でものほうは、大したことはなかったみたい。

今のところ。

ふう。



が、それは都心の話だ。

北海道では、ホントに最低気温がマイナス30度を超えた。

うお。

いちばん冷えた陸別町で、マイナス31.8度。

|||(-_-;)||||||

うへえ。

地図だと、このへん。



rikubetsu-9feb2019a.jpg



あつあつのラーメンが凍る世界、のようです。

ニュースを見てると、記念に! とスマホで写真を撮ってる人もけっこういた。

えー。

大丈夫なの?

人間もそうですが、スマホも動くんだ?

そのへんにもびっくり。

ご無事で。。。







●この頃さ~

毎日のように、値上げのニュースが続いてますね。

ホントに連日。

あれも値上げ、これも値上げ。

うんざりちゃん。

便乗値上げっていわれないように、消費税増税の前の駆け込み?

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

なんかムカつく。

いろんな商品のサイズが小さくなってる問題も、ついでにムカつく(笑)。

好景気でインフレ、なら(理屈は)わからないでもないけど。

違うよなあ。

(^~^;)







●しかし

報道が増えれば増えるほど、ひどい話が出てくる。

例の、野田市の10歳の女の子の件ね。

「周りの大人が全員、クズだった件」

とか、どこかで書き込みを見かけました。

そう。

事なかれ主義と、保身、保身、保身につぐ保身。

超ド級のクズしかいない、最低最悪の環境だったようだ。

この少女の人生。

短すぎる人生。

それを考えると、どうしても涙が出てしまう。

母親もひどい。

―――とは思いますが、複雑です。

彼女自身が、ひどいDVの被害者だったらしいから。

DVの被害者というのは、日常的な暴力支配の結果、思考停止しますよね。

「子供を連れて逃げろよ・・・」

他人からみればそうなんですけど、おそらく、正常な判断ができない。

身体も、精神も恐怖に竦んで、まともに動かない。

そんな状態だったのかもしれません。

だからといって、親としての責務を果たさなかった、という事実が消えるわけじゃないけど。

でも、悪いのは父親だから。

わたしが甘ちゃんなのかもしれないけど、暴力で家族を支配する男性がわからない。

何をしたいのか。

何が楽しいのか、わからない。

自分よりひ弱な女性を、ちいさな子供を、殴ってたのしいの?

自分の娘だよ。

泣かせて、苦しませて、許しを請う姿を見たい・・・の?

加虐に興奮するタイプ???

おかしいでしょ。

今日のニュースでは、娘をいじめる様子を動画に撮っていたと聞きました。

鳥肌が立った。

学校のいじめで、たまに動画をネットに投稿するバカがいるけど、それと同類では。

愉快だと思ってたのか・・・?

どういうことなの。

火あぶりの刑でいいよ、と前回かきましたけど。

その前に、鞭打ちと磔(はりつけ)も追加で。

加虐が愉快なひと。

自分もやられてみればいい。







●では、

またね。。。


【09/02/2019 16:44】 気象・自然 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。