紙の本

●TBのお題から

「最近うれしかったことは何ですか?」

ふと思いついた。

おとといぐらいかなあ。

混んでいる帰りの電車の中で、本を読んでいるひとを見かけました。

(たくさん人が立ってはいるけど、朝ほどの激混み状態ではないくらい。)

わたしのすぐ前と、隣と、隣の前の席に座っているひと。

たまたまみんな、30代ぐらいの男性。

サラリーマン風と、もっと自由な感じと。

ひとりはキンドルで、残りのふたりは紙の本です。

ふつうの文庫本。

カバーをかけていたからタイトルは知らないし、別にそこは詮索するつもりはない。

でも、文字列を見ればわかることもあります。

※すみません、つい覗ける位置にいました(汗)。

それはふつうの小説とか、評論のたぐいに見えました。

ハウツー本系とか、ラノベとかなら、印字のフォントや配列からしてちがいますものね。

「おお、本を読んでる・・・!」

(//∇//)

余計なお世話なのはわかってますが、なんか嬉しかった。

いいなあ、と思ってしまいました。

「一心不乱にスマートフォンをいじり続けて・・・いないじゃないか!」

的なおどろき。

文庫を読んでいる若い男性がいるという、そのことがうれしかった(笑)。

だってさ、見ないですよ。

本当にすっかり見かけなくなりました。

本を読むひと。

とくに男性、とくに若いひとほど、紙の本を持ってるひとを見かけない。

仕事のレポートっぽいものや、教科書らしきものは見ることもありますが、純粋な、娯楽としての読書。

・・・めったにないなあ。

暇つぶしはみんな、スマートフォンに席巻されている気がします。

そりゃ、出版物が売れないわけだよなあ。



あ、スマートフォンを悪くいうつもりは(あまり)ないです。

あれは便利だし、まさに暇つぶしツールとして無尽蔵のポテンシャルを持ってるから。

今やあってあたりまえだし。

でも、まあ、おばちゃん世代から見るとさ?

朝っぱらから満員電車で、猫も杓子もみんな、小さな画面をにらめっこ。

ソシャゲにぼーっと没頭してピコピコ、スイスイ、というのはやっぱり異様に見えます(笑)。

なにが怖いって、目がうつろなのよ。

駆り立てられるようにゲームをやってるけど、ちっとも楽しそうじゃない。

「もはや惰性なのかね・・・?」

そんなひとたちを見てると思います。

(ラインやツイッターのひとは、もうちょっと楽しそうだけど。)

「俺はゲームなんかしてない!」

って人も、そりゃたくさんいるでしょうけどね。



そう、本。

旧世代といわれようと何だろうと、わたしにとっては紙の本こそ「本」です。

電子書籍は便利ですが、あれはデータであって本ではない。

そう、思っています。

使い分けは必要よね。

データさえあればいいものは、電子で。

軽く、かさばらず、収納場所をとらず、いつでもどこでも必要な情報を引き出せる。

その便利さは他の追随を許さない。

だけど本といて、かたちのある作品として残したいものは多い。

大事にしたいと思うのも、繰り返し読みたいと思うのも。

そばに置いて愛着を感じるのも、物理的にそこにモノがあってこそ、です。

紙の本。

人類の財産です。

すたれると本気で思ってるわけじゃないけど、そっち方向にゆるやかに向かってるのは事実。

いつまでも、好きな本を手に取るよろこびを忘れたくはないよなあ。

なくなってほしくないと思います。







●あれ、

なんだか妙にシリアスな流れに・・・(汗)。

文庫を読んでるお兄さんを見かけたって、それだけの話なのに。

((((ノ ̄▽ ̄;)ノ

では、またね。。。



【17/06/2017 09:51】 書籍・マンガ | Comments (0)

3冊目

●ふう・・・

虫の息。

は、さすがにいいすぎか(笑)。

(ちなみに予測変換でなぜか「虫の粋」と出て、粋な虫なんかあるわきゃねーだろバカ! と思った。)

青息吐息、のほうが近いですね。

日曜日のお茶会から数えて、金曜日で6日連続「出勤」。

この年齢になると、さすがにちょっとしんどい。

「そのくらい普通! なにを甘えてるの!」

と、ひとには笑われそうですが。

うん、たしかに。

通勤タイムを除けば、ほぼ一日中ずっとPCの前に座っているデスクワークです。

(身体が硬直してバキバキになる、というか血流が悪くて当然だよなあ。)

消費エネルギーはたぶん、そんなに多くない。

脳みそフル回転でどのくらいエネルギーを使うのかは知らないけど(笑)。

サービス業で立ちっぱなしの人とか、外回りのお仕事とか。

肉体労働系とか。

日常わたしよりずっとハードな勤務をしてる人は、いくらでもいる。

それに比べれば、楽は楽。

・・・のはず、なんですよね。

(((((((;´д`)))))))

あうう。







●黒い靴下

への反応がスゴイ。

・・・です(笑)。

コミックスのお話。

コメント、たくさんいただいてます。

(´∀`σ)σ

今回いちばんのポイントはそこだから、まあ、しゃあない。

あざとい!

と同時に、ストレートなファンサービスでもあると思うの。

えへへ。

(´∀`σ)σ

あ、そういえば。

コミックス、3冊目をついつい買ってしまったのでした。

文教堂では、サイン&コメントつきイラストカード、というものが同封されている。

―――というのを、お茶会で教えてもらったからです。

※イラストは、4巻の表紙です。

思わぬ伏兵に驚きつつ、カラーイラストはずるい!(笑)

見たら欲しくなりますもの。

*:.。☆..。.(´∀`人)

正直な気持ち。

うれしいんだけど、ね?

おまけのバージョン、あんまり増やさないでほしいなあ(汗)。

どこかで歯止めをかけないと、わたしがマズい。

誘惑に弱いのがいけないんだけど。



どうでもいいけど、文教堂。

実家のあたりでは、いわゆる郊外型の店舗が多いのね。

平屋で、広々とした駐車場があって、他業種の店舗とぷちモールを構成してる感じの。

(ファミレスとか、ドラッグストアとか。)

で、少なくともわたしの見た限りでは、コミックスはあってもBLはない。

品揃え自体が(広いお店なのに)微妙。

・・・という認識でした。

だから、「思わぬ伏兵」と呼んだのです(笑)。

そういう場所で、岩城さんの特典つきの『春抱き』が売ってるとは思わなかったから。

書店に関する知識がない!

といわれれば、たしかにそうだ。

ない、ですね。

本は好きでも、好きな本屋さんはものすごく少ない。

そしてそもそも、リアル店舗で本を買わない。

本当に買わなくなったなあ。

(o´_`o)ハァ・・・







●なんか

支離滅裂ですが、金曜日です。

週末はすぐそこ。

もうちょっとがんばろう。

では、またね。。。


【16/06/2017 05:22】 春を抱いていた | Comments (0)

ぐう。

●きのうは

涼しかったねえ。

肌寒かったというべきなのでしょうけど、それはいわない(笑)。

気温が上がらないほうが、わたしにはいいので。

梅雨寒とか、梅雨冷えとか。

そんな言葉が浮かびました。

気温の変動が激しいシーズンです。

みなさま、風邪をひかないでね。



コミックスの感想を書きたいけど、なかなか時間がとれません。

期待してくださっている方には、申し訳ない。

もう少しお待ちください。







●昨日は

帰りがけにターミナル駅で、くまを落としました。

くま。

通勤用のリュックについている、ちりめん製のくまのマスコット。

(いいおばさんがリュックにくまをぶら下げている時点でアレでしょうが、そこはスルーで。)

もっとも、背面で起きたことなので、わたしは知りません。

気づくわけもありません。

が、しかし。

くまが決死の脱出ダイヴを試みたのを、見てる人がいたのですね。

混雑する駅のコンコースだもんなあ。

「あの・・・」

落としましたよ、と。

若いサラリーマンが、くまを手渡してくれました。

おお。

感動。

一生懸命、お礼をいいました。

手元には、リボンの切れたくま。

無事だった。

ああよかった。

お兄さん、ありがとう。

くま、帰ってきてくれてありがとう。

混雑の中で、感情を消してロボットみたいに動いてることが多いけど。

ひとには親切にしよう。

こういうこともあるんだもの。

そう実感しました。







●では、

またね。。。

【14/06/2017 06:47】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

エミリアーノ幻想

●寝落ち

頻度、高すぎですね(汗)。

ホント最近、ダメだなあ。

で、朝の4時に目が覚めたりする(笑)。

わけがわからんよ。







●日曜の

お茶会はつつがなく、まったりと穏やかにすごしました。

ちょっと人数少なめで、いつものパーティールームが広すぎる気もしたけど(笑)。

お忙しい中、集まってくださったみなさまに感謝。

新幹線に乗って、とおい国から駆けつけてくださった方にも感謝。

楽しかったです。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ



それから>>

お茶会のお店を決めるにあたって、柔軟な対応をしてくださったホテルの担当者にも感謝(笑)。

それが仕事。

ええ、そうでしょう。

だけど、電話一本でいろいろリクエストを聞いてくれる。

オンラインでは満室で予約できなかったものを、一室だけ空いてますから、と融通をきかせてくれる。

(ホテル的には、こういうのは当然の対応らしいです。)

お料理の相談にも乗ってくれる。

サービスが気持ちよく、本当にありがたいと思いました。

(//∇//)

いいかげん常連なので、顔も名前も、何が好みなのかも把握されてる。

・・・のは、知ってます(笑)。

(//∇//)

多いときは一年に3度、4度と通いますからねえ。

そりゃそうだ。

だけど、大した(お金をたくさん落とす)客ではないのも、また事実(汗)。

お酒も頼まないし、コースもいちばんお手軽なものばかり。

(o´_`o)

だから、お得意様だという認識はありません。

そこをはきちがえるほど、図々しくはない、つもり。

むしろ、

「こんな腐女子の集まりに目をつむり、いつもいつも心地よいサービスをしてくれて感謝!」

と思ってます。

(我々の間では、かくしているけど、とっくにばれてる説が有力。)

ヾ(´▽`;)ゝ



それでも、すらっと背の高い黒服イケメン(寄り)のおじさま、もといお兄さまたちに、

「お待ちしておりました、〇〇さま」

とか言われちゃうわけですよ(笑)。

さすが一流ホテル。

そのそつのなさがいい。

*:.。☆..。.(´∀`人)







●あ。

でも、そういえば、今回。

ひとりなのか、ふたりなのか不明ですが、エミリアーノがいました(爆)。

そう、かのエミリアーノ。

※ご存知ない方で、気になる方は、このブログで検索してみてください。

『春抱き』パラレル☆ツアーのときのことなので、ずいぶん前ですが。



あのハロッズでの衝撃のエミリアーノ以来、わたしたちは、

「一生懸命なんだけど、コミュニケーションに齟齬がありすぎて突拍子もないサービスを提供してしまう」

ウェイターさんを、エミリアーノと呼んでいます。

そう、今ではエミリアーノは普通名詞(笑)。

特定の誰かの名前では終わらず、普遍性を持つに至っています。

ポイントはもちろん、丁寧で一生懸命で、とても頑張っていること。

お客さまの要望を叶えよう、という気持ちがなければはじまらない。

容姿や身のこなしは、ちゃんとしてること。

そして、絶望的に空気が読めない、というか。

状況判断に難があること、ではないでしょうか・・・(汗)。

日本の一流ホテルでは、まずめったに遭遇しないと思う。

でも、日曜日にはいました。

神出鬼没。



「コーヒーのおかわりをください」

というお願いを、インターフォン越しにしたとします。

ここのパーティールームでは、予約したコースに応じてドリンクが決まっています。

(基本的にフリーフロー。)

わたしたちのコースの場合、デザートと同時に、コーヒーがポットごと出てくる。

最初の一杯はお店の人が淹れてくれるけど、あとはセルフサービス。

おかわりしたければ自分で注ぐし、足りなくなれば、インターフォンで追加をお願いする。

するとまた、熱々のコーヒーの入ったポットを持ってきてくれる。

・・・というパターンです。

何年もずっとそう。

先日のエミリアーノは、すました顔で、トレイにひとりぶんのカップとソーサーを持って登場しました。

(ちなみに、その前に一度リクエストして何も起きず、15分後に再度おかわりをお願いしてこれです。)

「・・・ん?」

わたしたちはたぶん、あれれ、って顔をしたと思う。

想定しているのは、銀色のサーモポットですからね。

「・・・ん?」

すらっと涼しげな笑顔のエミリアーノも、あれれ、と思ったらしい。

「・・・お待ちくださいませ」

カウンターの陰の見えないところに、自分が持ってきたトレイを置く。

隠した、というべきか(笑)。

素知らぬふりで、テーブルの上のカラのポットを取り上げる。

そしてそのまま、そそくさと部屋を去る。

「あれ・・・」

わたしたちは、ちょっと目が点。

なんだったんだろう?(笑)

彼が隠し置いていったものを見てみると、やっぱり、ひとりぶんのコーヒー。

「どうするんだろう、これ・・・」

どうするつもりだったんでしょう。

要するに個室カラオケで、飲み物おかわり自由なわけです。

省力化のために、大きなピッチャーでオレンジジュースとか、ウーロン茶を用意しておく。

そういうサービス。

グラスやカップ単位で、個々にオーダーを運ぶことはない、はず。

・・・はず・・・(笑)。

結局、彼は新しいポットを置いて、トレイを持って帰りました。

一杯のコーヒー、もったいない。

(´-`).。oO...



ああ、うまく書けませんね。

これだけじゃ、そんなにおもしろくもおかしくもない(汗)。

他にも、いろいろ。

似たようなことが重なり、エミリアーノだ、と小鳥さんが言い出したのよね。

うん。

なつかしい。

日本ではめったに会えないお人です。

(´∀`σ)σ







●では、

またね。。。

【13/06/2017 05:03】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム